※この記事にはプロモーションが含まれています。

トヨタ車の外装・内装情報

40系新型ヴェルファイアの内装が高級でおしゃれ!エクゼクティブラウンジのインテリアや外装も解説

2023年6月にフルモデルチェンジとなり、新型となった40系ヴェルファイア。

もともと高級志向が強かったヴェルファイアですが、今回のモデルチェンジでさらに高級車になっています。

以前はアルファードと平行線だったのに、今回からはヴェルファイアの方がより高級車扱いに。

この記事では、2023年モデルの新型ヴェルファイアの内装や外装についての情報をわかりやすくまとめました。

グレードごとの違いやいいところなどを詳しく解説しています。

新型ヴェルファイアを少しでも安く買う方法もご紹介していますので、ヴェルファイア検討中のあなたは最後までご覧になってくださいね。

2023年にフルモデルチェンジした新型40系ヴェルファイア

40系新型ヴェルファイアの外装

40系の新型ヴェルファイアは、2023年6月に発売となりました。

アルファードとは線引きがされ、ヴェルファイアにのみターボガソリン仕様が追加されています。

今回のモデルのグレード構成はシンプルで、2パターンのみです。

グレード構成や注意点について解説します。

40系ヴェルファイアのグレードはガソリンターボとハイブリッドの構成

グレード一覧

  • Z Premier(ターボガソリン)
  • Z Premier(ハイブリッド)
  • Executive Lounge(ハイブリッド)

今回のヴェルファイアから、グレードは2つだけになりました。

ミドルモデルのZ PremierとExecutive Loungeで、どちらのグレードも2WDと4WDが選べます。

Z Premierはガソリン仕様とハイブリッド仕様から選べますが、Executive Loungeはハイブリッドのみです。

アルファードのZは普通のガソリンなのに対し、ヴェルファイアはターボのガソリン仕様になります。

40系ヴェルファイアは7人乗りのみなので注意

40系ヴェルファイアになって、8人乗り設定はなくなりました。

高級感を押し出したコンセプトになっており、7人乗りのみの設定になっています。

管理人
管理人
8人乗りミニバンなら、ノアやヴォクシーだね。

競合車種となる新型オデッセイも7人乗りだけの設定になりました。

各社高級ミニバン市場は、7人乗り固定にする動きがありますね。

新型40系ヴェルファイアの外装・エクステリア

40系新型ヴェルファイアのエクステリア

新型ヴェルファイアの外装やエクステリア関連の情報をまとめました。

サイズ感が伝わってくる作りで、どっしりした風格が他のミニバンとは違いますね。

40系ヴェルファイアのリア外装

リアのLEDランプも大型コンビネーションランプとなり、視認性とデザイン性を調和させています。

従来までのクリアテールが廃止され、より高級志向を高めたデザインに変更されました。

40系ヴェルファイアのフロントまわり

フロントマスクもアルファードとそこまで変わらない感じになりました。

バンパー左右のインテークが違いますが、ヘッドライトまわりなどはそれほど変わりません。

アルミホイールは19インチが標準となります。

アルファードは17・18インチが標準になるので、スポーティグレードとして差別化がされています。

新型ヴェルファイアの室内空間・いいところ

40系ヴェルファイアの内装

新型ヴェルファイアの室内空間やいいところ、競合車との違いをご紹介します。

今回の40系ヴェルファイアは、先代モデルより格段に内装の高級感がアップしました。

今までのヴェルファイアも十分高級だったのですが、今回のモデルは別の車かと思うほどの進化を遂げています。

車両価格が上がったこともあって、昔の高級セダンのようなイメージです。

後部座席でも左右独立温度コントロールエアコンが付く

アルファードの後席左右独立温度調整エアコン

前席が左右独立の温度調整ができるのは、最近では当たり前です。

しかし、後席で左右独立温度調整ができるエアコンはないですよね。

管理人
管理人
新型ヴェルファイアは、前席・後席どちらも左右独立温度調整ができるんだ。

後席専用の吹き出し口を足元に設置するなど、快適性を高める工夫が随所に見られます。

40系アルファードのリアヒーターカーテン

リアヒーターの吹き出し口が左右のトリムにもあるので、スライドドアを開けた時の冷気の侵入を防いでくれます。

これだけ後部座席ファーストな車は珍しいですよね。

徹底的に2列目の快適性を高める作りになっています。

後席用パワーサイドサンシェード(2列目・3列目シート)

40系アルファードの電動パワーサンシェード

後部座席用のサンシェードが電動開閉するのも、新型アルファード独自の機能です。

2列目・3列目シート用のサンシェードがなんと電動。

日本ならではの所作を感じさせるおもてなしをイメージして作られました。

好みの位置で止められるので、日差しを避けながら景色も見ることができます。

後席左右独立型ムーンルーフ(電動シェード付き)

40系アルファードの左右独立ムーンルーフ

新型ヴェルファイアの後席ムーンルーフは、左右独立開閉ができます。

片方だけ開けて、片方だけ閉めておくといったことも可能。

管理人
管理人
しかも、シェードも電動開閉。前席からも開けられるんだ。

要人を乗せるかのような徹底的なVIP仕様ですね。

オーバーヘッドコンソールには、後席からでもほとんどの操作ができる集中管理スイッチが付いています。

【グレード別】新型ヴェルファイアの7人乗り内装写真

新型ヴェルファイアの内装写真をグレード別にまとめました。

全てのグレードで7人乗りになったので、今回モデルからは8人乗り設定はありません。

2つのグレードの内装の違いについて、画像を入れながらご紹介します。

ヴェルファイア Z Premier 7人乗りの内装

ヴェルファイアZ Premierのブラック内装

ヴェルファイア Z premierのブラウン内装

Z Premierはシート表皮がプレミアムナッパ本革となります。

アルファードのZは合成皮革でしたが、ヴェルファイアはベースグレードでも本革シートを採用。

ブラック内装とブラウン内装が選べます。

ヴェルファイアZpremierのブラックインテリア

ヴェルファイアZpremierのブラウンインテリア

自動防眩ルームミラーなど、ついている装備も十分。

2列目のエクゼクティブパワーシート・パワーオットマンも標準装備です。

ベースグレードなのに、十分エクゼクティブレベルの完成された内装となっています。

ヴェルファイア Executive Lounge 7人乗りの内装

ヴェルファイアexecutive loungeのブラック内装

ヴェルファイアexecutive loungeのブラウン内装

ヴェルファイアはZ Premierですでに本革インテリアなので、Executive Loungeになってもインパネまわりの見た目は大差ありません。

その分、Z Premierの車両価格が高くなっておりベースグレードとは言えないくらいです。

 

ヴェルファイアexecutive loungeのブラックインテリア

 

ヴェルファイアexecutive loungeのブラウンインテリア

Z Premierですでに完成されたインテリアに、快適装備が追加されます。

デジタルインナーミラーやリアの14インチエンターテインメントシステムも標準装備。

リアマルチオペレーションという脱着式リモコンも付いてきます。

エアコンなどあらゆる操作をリモコンでできるという豪華ぶり。

飛行機で言うファーストクラスくらいのレベルの内装です。

新型ヴェルファイアの室内寸法・室内長はどれくらい?

室内長3005mm
室内幅1660mm
室内高1360mm

新型ヴェルファイアの室内寸法は表の通りで、アルファードと寸法は一緒です。

ノアやヴォクシーと比較しても、ひとまわり大きめサイズでゆったりしています。

シートや装備なども差別化が図られたので、別クラスのミニバンという位置付けがより強くなりました。

管理人
管理人
シートのサイズも大きいけど、それでも居住空間としてはゆったり。

Lサイズのミニバンなので、室内空間が広いのは言うまでもありません。

室内高が高いため、中の移動も楽にできます。

新型ヴェルファイアのボディーカラー・車体色

ヴェルファイアのブラック

ヴェルファイアのプラチナホワイトパールマイカ

新型40系ヴェルファイアは、ボディーカラーがグレード問わず2色のみです。

先代モデルはカラーのラインナップも多かったのですが、今回モデルは2色だけになりました。

アルファードはゴールド系カラーがあり3色。反してヴェルファイアは2色だけです。

値段が上がらない通常色はブラックで、パールホワイトはオプションカラーとなります。

ホワイトパールは+33,000円アップのオプションカラーです。

ホワイトパールとブラックは下取りで値下がりすることはなく、長い目で見ても損はないでしょう。

基本的にどちらも査定時に値段が上がる色なので、リセールは有利です。

新型ヴェルファイアの内装と外装【まとめ】

ヴェルファイアは、2023年に大型のフルモデルチェンジでかなりバージョンアップしています。

ヴェルファイアはスポーティ路線となり、アルファードより値段が上がりました。

ガソリン仕様がヴェルファイアだけターボエンジンになって、アルファードとの差別化が図られています。

値段が安いこともあって、街中を走るのはヴェルファイアよりアルファードの方が増えそうですね。

ヴェルファイア検討中なら、ホンダオデッセイ・日産エルグランドが主な競合車種なのでぶつけましょう。

下記に、ヴェルファイアを少しでも安く買うための情報もまとめています。

あわせて参考になさってください。

参考 【毎月更新】ヴェルファイアの限界値引き額を引き出す!見積もり時の注意点と値段交渉のコツ

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、1つのお店以外で査定はする派ですか?

車を高値で売却するならココ!

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使っても問題ありません。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

カーネクスト【電話は1社だけ】

カーネクストの特徴

  • 電話のやり取りは1社だけ
  • 実車査定なしで車が売却できる
  • オークション相場で算出するから高値

カーネクストは、電話だけで査定・売却まで完結できる新しい車買取サービスです。

電話のみの査定だけで、そのまま売却までできます。

中古車オークションの相場価格から金額を算出するため、比較しなくても高値が出やすいんです。

管理人
管理人
連絡を取るのはカーネクストの担当者1人だから、電話が鳴りまくる心配がない。

一括査定のように電話でストレスにならず、それでいて一括査定レベルの金額で売却できます。

10万kmオーバーや普通では査定拒否される車でも買取対象という大盤振る舞いです。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

ナビクル

ナビクルの特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクルは、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
管理人
ユーザー評価の高いオートバックスカーズなど、有名どころの業者に依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

まぎぺー

元ホンダディーラー営業マン。中古自動車査定士・損害保険募集人資格の有資格者です。業界の裏話を交えて書いています。YouTubeでの配信も始めました。ご不明点やご意見はお問い合わせかYouTubeのコメントからお願いします。

公開したての記事

個人向けカーリース業者の比較とおすすめランキング 1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

主要な車買取業者の比較とおすすめランキング 2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

自分でできる車庫証明の取り方や書き方 3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

ガリバーからの電話の理由と対処法 4

ガリバーのサービスや一括査定を依頼すると、かかってくる0120221616の電話番号。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階 ...

譲渡証明書の書き方と記入時の注意点 5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-トヨタ車の外装・内装情報
-,