※この記事にはプロモーションが含まれています。

ホンダ車の外装・内装情報

ホンダヴェゼル【RV系】の内装はおしゃれ|ガソリン・e:HEV別に外装やインテリアを解説

ヴェゼルは、2021年4月にフルモデルチェンジされました。

先代モデルの丸めのデザインが一新され、かなりスタイリッシュに生まれ変わっています。

ホンダセンシングが標準となったり、装備面でもパワーアップ。

この記事では、2021年にフルモデルチェンジしたRV系ヴェゼルの内装・外装についてまとめています。

ガソリン・e:HEVごとに解説しているので、ヴェゼルを検討しているあなたはぜひ参考になさってください。

2021年にフルモデルチェンジしたRV型ヴェゼル

RV型ヴェゼルの外装

RV系ヴェゼルは、2021年4月に発売となりました。

2023年5月に入って、マイナーチェンジも入っています。

先代モデルよりもスポーティさが増し、さらにクーペデザインに磨きがかかりました。

グレード構成や注意点について解説します。

RV系ヴェゼルのグレードはガソリンとハイブリッドの構成

グレード一覧

  • G
  • e:HEV X
  • e:HEV Z
  • e:HEV PLaY

下にいくほど上位グレードとなっています。

Gのみガソリン仕様で、その他はハイブリッドです。

e:HEV PLaYだけはFFのみの設定となりますが、それ以外のグレードはFFと4WDが選べます。

ガソリンよりもハイブリッド推しのグレード構成

ヴェゼルのガソリン仕様はGしかありません。

グレード構成が4つとそもそも少ないですが、4つ中3つが全てハイブリッドとなっています。

Gからe:HEVに変えるだけで、値段差は38万円ほどアップするのでハードルは高め。

管理人
管理人
G→e:HEV PLaYの値段差はなんと100万円!

普段からガソリン車に乗っているなら、この値段差は引っかかるかもしれませんね。

同クラスのSUVと比較しても、値段設定は高めと言えるでしょう。

RV系ヴェゼルの外装・エクステリア

RV系ヴェゼルの外装やエクステリア関連の情報をまとめました。

グレードによって見た目が変わるので、各グレードごとに紹介します。

ヴェゼルG・e:HEV X・e:HEV Zの外装・エクステリア

ヴェゼルG・X ・Zの外装

ヴェゼルはe:HEV PLaY以外は、エクステリアの見た目は同じです。

ベースグレードからある程度完成されているので、デザイン面では親切ですね。

ヴェゼルe:HEV PLaYの外装・エクステリア

ヴェゼルe-hevplayの外装

e:HEV PLaYになると、2トーンカラーなど専用カラーが選べるようになります。

グリルやサイドスカートにレッド加飾がついたり、専用エクステリアも。

見た目が大きく変わるわけではありませんが、車体色が大幅に増えます。

RV系ヴェゼルの車体色・ボディーカラー

RV系ヴェゼルのボディーカラーは、グレードによって異なります。

e:HEV PLaYだけ2トーンカラーで、単色はその他のグレードから選択可能です。

ヴェゼル X・e:HEV X・e:HEV Zのボディーカラー

1 プレミアムサンライトホワイトパール

ヴェゼル プレミアムサンライトホワイトパール

2 プラチナホワイトパール

ヴェゼル プラチナホワイトパール

3 メテオロイドグレーメタリック

ヴェゼル メテロイドグレーメタリック

4 プレミアムクリスタルレッドメタリック

ヴェゼル プレミアムクリスタルレッドメタリック

5 クリスタルブラックパール

ヴェゼル クリスタルブラックパール

6 サンドカーキパール

ヴェゼル サンドカーキパール

7 ミッドナイトブルービームメタリック

ヴェゼル ミッドナイトブルービームメタリック

e:HEV PLaY以外のグレードは、単色7パターンから選べます。

下記のカラーはオプション色となり、値段が上がるので注意してください。

オプション色

  • プレミアムサンライトホワイトパール①
  • プラチナホワイトパール②
  • メテオロイドグレーメタリック②
  • プレミアムクリスタルレッドメタリック①
  • サンドカーキパール②
  • ミッドナイトブルービームメタリック②

①マークがある色は+60500円、②の色は+38500円です。

ブラックのみが通常色で値段は変わりません。

ほとんどがオプションカラーというのは珍しいですよね。

ヴェゼル e:HEV PLaYのボディーカラー

プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック

ヴェゼルe-hevplay プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック

メテオロイドグレーメタリック&ブラック

ヴェゼルe-hevplay メテオロイドグレーメタリック&ブラック

クリスタルブラックパール&シルバー

ヴェゼルe-hevplay クリスタルブラックパール&シルバー

サンドカーキパール&ブラック

ヴェゼルe-hev サンドカーキパール&ブラック

ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー

ヴェゼルe-hev ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー

e:HEV PLaYは、専用の2トーンカラー5色の展開となっています。

ベースとなる色は通常グレードと同じですが、ブラックとシルバーの掛け合わせがおしゃれですね。

サイドスカートの加飾も相まって、独特のデザインですよね。

e:HEV PLaYも同様に、オプションカラーの設定があります。

オプションカラー

  • プレミアムサンライトホワイトパール&ブラック③
  • メテオロイドグレーメタリック&ブラック④
  • ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー④
  • サンドカーキパール&ブラック④

通常グレードと同じく、ブラックベースのクリスタルブラックパール&シルバーはオプションではありません。

③の色は+49500円、④の色は+27500円アップとなります。

RV系ヴェゼルの室内空間・いいところ

RV系になって、ヴェゼルの内装は質感が上がっています。

ヴェゼルにしかない魅力的な装備があるので、まとめました。

1つずつ詳しく解説します。

パノラマルーフの開放感は秀逸

ヴェゼルのパノラマルーフ

ヴェゼルにオプションで用意されているパノラマルーフは、屋根全体のサイズです。

UVカット機能付きのプライバシーガラスを採用しているので、室内にいながら開放的な空間に浸れます。

他の車種にはない機能のため、競合車と比較検討する際の強みにできますね。

そよ風アウトレットでエアコンの風が直接当たらない

ヴェゼルのそよ風アウトレット

RV系ヴェゼルには、そよ風アウトレットという新しい機構が採用されました。

エアコンから出てくる風が、乗っている人をよけて出てきます。

管理人
管理人
外向けに風が出ることで風の循環もできるんだ。

外気の熱や寒さを軽減することもでき、快適な長時間ドライブを可能にします。

ダイブダウン機構で後席がフルフラットになる

ヴェゼルのダイブダウン機構

ヴェゼルは後部座席をフルフラットにすることができます。

センタータンクレイアウトによって、真っ平にできるのは強み。

ヴェゼルの2列目シート

さらに、ヴェゼルの後部座席はチップアップ機構も付いています。

後部座席が跳ね上げられるので、2列目に背の高いものを積むことも可能。

フルフラットにもなり、跳ね上げもでき荷室空間の使い勝手はいいですね。

ヴェゼルの内装・インテリアをグレード別で紹介

RV系ヴェゼルのインテリアは3パターンに分かれます。

e:HEV PLaYだけは専用内装となっており、差別化が図られています。

ヴェゼル G・e:HEV Xの内装

ヴェゼルG・e-hevxの内装

Gとe:HEV Xはブラックのファブリック内装となります。

オーソドックスな感じで、エントリーグレードの位置付けです。

ヴェゼル e:HEV Zの内装

ブラック×コンビシート

e-hevzのブラック内装

グレージュ×コンビ&専用インテリア

e-hevzのグレージュ内装

e:HEV Zになると、シートがファブリックではなくプライムスムース×ファブリックにグレードアップします。

車内色もグレージュがあらたに選択できるようになり、よりおしゃれに。

ただ、ボディーカラーが赤・ホワイトパールの場合はグレージュは選べません。

ヴェゼル e:HEV PLaYの内装

 

e-hev playの内装

e:HEV PLaYの内装は、グレージュ×コンビシートの専用インテリアです。

e:HEV Zと見た目は同じですが、シートの加飾など少し変わります。

グレージュ×コンビ&PLaY専用インテリア

e-hev playのグレージュインテリア

プライムスムース×ファブリックシート

e-hevplayのシート

e:HEV PLaYは高級感がプラスされ、より洗練された空間になっています。

ワンポイントアクセントがおしゃれですよね。

RV系ヴェゼルの室内寸法・室内長を競合車と比較

 ヴェゼルカローラクロスCX-3
室内長
2010mm1800mm1810mm
室内幅1445mm1505mm1435mm
室内高1225mm1260mm1210mm

ヴェゼルの室内寸法は表の通りです。

室内長は競合車種よりも大きいですが、幅と高さはカローラクロスに劣っています。

管理人
管理人
クーペスタイルと言いながら、室内高は高いよね。

ホンダお得意の低床フロアの影響なのか、室内の広さは確保しています。

同クラスのSUVの中では、ゆったりできる室内空間があると言えるでしょう。

RV系ヴェゼルの内装と外装【まとめ】

おしゃれさとスポーティさが増した今回のRV系ヴェゼル。

 2ドアとクセの強いデザインですが、内装の質感や仕上がりは文句なしです。

SUV?と言いたくなるほどのクーペデザインも馴染んでいます。

競合車種と比べて少し高めの値段設定なので、値段交渉して安く買いましょう。

下記にヴェゼルを少しでも安く買うための情報をまとめています。

あわせて参考になさってください。

参考 【毎月更新】ヴェゼルの限界値引き額を引き出す!見積もり時の注意点と値段交渉のコツ

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、1つのお店以外で査定はする派ですか?

車を高値で売却するならココ!

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使っても問題ありません。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

カーネクスト【電話は1社だけ】

カーネクストの特徴

  • 電話のやり取りは1社だけ
  • 実車査定なしで車が売却できる
  • オークション相場で算出するから高値

カーネクストは、電話だけで査定・売却まで完結できる新しい車買取サービスです。

電話のみの査定だけで、そのまま売却までできます。

中古車オークションの相場価格から金額を算出するため、比較しなくても高値が出やすいんです。

管理人
管理人
連絡を取るのはカーネクストの担当者1人だから、電話が鳴りまくる心配がない。

一括査定のように電話でストレスにならず、それでいて一括査定レベルの金額で売却できます。

10万kmオーバーや普通では査定拒否される車でも買取対象という大盤振る舞いです。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

ナビクル

ナビクルの特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクルは、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
管理人
ユーザー評価の高いオートバックスカーズなど、有名どころの業者に依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

まぎぺー

元ホンダディーラー営業マン。中古自動車査定士・損害保険募集人資格の有資格者です。業界の裏話を交えて書いています。YouTubeでの配信も始めました。ご不明点やご意見はお問い合わせかYouTubeのコメントからお願いします。

公開したての記事

個人向けカーリース業者の比較とおすすめランキング 1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

主要な車買取業者の比較とおすすめランキング 2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

自分でできる車庫証明の取り方や書き方 3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

ガリバーからの電話の理由と対処法 4

ガリバーのサービスや一括査定を依頼すると、かかってくる0120221616の電話番号。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階 ...

譲渡証明書の書き方と記入時の注意点 5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-ホンダ車の外装・内装情報
-,