※この記事にはプロモーションが含まれています。

日産車の外装・内装情報

エクストレイル【T33型】の内装と外装がおしゃれに進化!7人乗り・8人乗り別に画像で解説

エクストレイルは、2022年7月にフルモデルチェンジされました。

全グレードe-Powerとなり、さらに上位モデルへ変更。

e-Power SUVのフラッグシップカーとして生まれ変わりました。

この記事では、2022年にフルモデルチェンジしたT33エクストレイルの内装・外装についてまとめています。

画像多めで紹介しているので、エクストレイルを検討しているあなたはぜひ参考になさってください。

2022年にフルモデルチェンジしたT33型エクストレイル

T33エクストレイルの外装

T33型エクストレイルは、2022年7月に発売となりました。

先代モデルより高級感が増し、洗練されたデザインとなっています。

アクティブさからラグジュアリー感が強くなった印象です。

グレード構成や注意点について解説します。

T33型エクストレイルのグレードはe-Powerのみ

グレード一覧

  • S
  • X
  • G
  • AUTECH
  • AUTECH Advanced P

今回のT33エクストレイルは、e-Powerのみのグレード構成となりました。

先代モデルはガソリンとハイブリッドでしたが、e-Powerのみになって値段も上がっています。

特別グレードのエクストリーマーXは4WDのみの設定

 

アウトドア仕様のエクストリーマーXは、4WDのみの設定です。

バンパープレートや防水シートなど、アウトドア向けの装備が豊富なグレード。

グロスブラック基調のデザインとなっており、より引き締まった見た目となっています。

パワーしーとやリモコンオートバックドアなど、快適装備も標準装備。

ただ、4WDのみの設定なので値段は高めとなっています。

T33エクストレイルの外装・エクステリア

T33型エクストレイルの外装やエクステリア関連の情報をまとめました。

グレードによって見た目が変わるので、各グレードごとに紹介します。

エクストレイル S・X・Gの外装・エクステリア

エクストレイルのエクステリア

S・X・Zの外装は共通しています。

ベースグレードでもこの見た目なので、完成されていますね。

エクストレイル AUTECHの外装・エクステリア

エクストレイルAUTECH

AUTECHは専用エクステリアになり、スポーティさが増しています。

内装も専用の本革シートや加飾がされており、完全に別の車の仕上がり。

AUTECHには、2WDと4WDが設定されています。

エクストレイル エクストリーマーXの外装・エクステリア

エクストレイルエクストリーマーX

エクストリーマーXは4WDのみの設定で、2WDでは選べません。

バンパープロテクターや専用18インチアルミなど、アウトドア仕様となっています。

フロントグリルやルーフレールがブラックになっていて、通常グレードとは差別化されていますね。

T33型エクストレイルの車体色・ボディーカラー

T33エクストレイルのボディーカラーは、グレードによって異なります。

全12色ありますが、グレード専用カラーがあるので注意が必要です。

エクストレイル 単色系のボディーカラー

1 ブリリアントホワイトパール

エクストレイルのブリリアントホワイトパール

 

2 ダイヤモンドブラック

エクストレイルのダイヤモンドブラック

 

3 カーディナルレッド

エクストレイルのカーディナルレッド

 

4 カスピアンブルー

エクストレイルのカスピアンブルー

 

5 ステルスグレー

エクストレイルのステルスグレー

 

6 ブリリアントシルバー

エクストレイルのブリリアントシルバー

 

7 ダークメタルグレー

エクストレイルのダークメタルグレー

 

エクストレイルの単色カラーは、全7色。

下記のカラーはオプション色となり、値段が上がるので注意してください。

オプション色

  • ブリリアントホワイトパール
  • ダイヤモンドブラック
  • カーディナルレッド
  • カスピアンブルー
  • ステルスグレー

シルバーとダークグレー以外の全ての色は、特別塗装色となり値段が上がります。

エクストレイル 2トーン系のボディーカラー

1 カスピアンブルー×スーパーブラック

エクストレイルのカスピアンブルー・スーパーブラック

2 ブリリアントホワイトパール×スーパーブラック

エクストレイルのブリリアントホワイトパール・スーパーブラック

3 サンライズオレンジ×スーパーブラック

エクストレイルのサンライズオレンジ・スーパーブラック2トーン

4 ステルスグレー×スーパーブラック

エクストレイルのステルスグレー・スーパーブラック2トーン

ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー

エクストレイルのシェルブロンド・スーパーブラック2トーン

エクストレイルの2トーンカラーは5色ですが、全て特別塗装色となります。

ベースグレードのSは単色3色のみで、Xだとツートン系3色、Gになるとツートン系は5色。

AUTECHには専用特別色の2トーンカラーが用意されていますが、AUTECH以外では選べません。

T33型エクストレイルの室内空間・いいところ

T33エクストレイルの室内空間で魅力的な部分をいくつかご紹介します。

先代モデルと比べると、よりおしゃれに仕上がっていて洗練されたイメージ。

1つずつ詳しく解説します。

リモコンオートバックドア(グレード別設定)

エクストレイルのリモコンオートバックドア

キーレスを持っていれば、リヤバンパーの下に足を入れるとドアが自動でオープンします。

荷物を持っている時に便利な機能です。

パノラミックガラスルーフ(グレード別設定)

エクストレイルのパノラミックガラスルーフ

エクストレイルクラスのSUVでは珍しい大型サンルーフ。

ルーフのほとんどがサンルーフとなるので、開放感が味わえますね。

プライバシーガラスがあり、快適面にも配慮されています。

USB電源がたくさん付いている(グレード別設定)

エクストレイルのUSB電源

急速充電が可能なUSB-Cと汎用性の高いUSB-Aソケットを両方装備しています。

フロントとリア両席にあるので、いつでもスマホの充電が可能。

実用性に優れた装備と言えますね。

アンビエントライトでおしゃれ(グレード別設定)

エクストレイルのアンビエントライト

日産車には珍しいアンビエントライトも選べます。

フロントのセンタートレイ部やドアトリム、電制シフトまわりなどを加飾。

夜間のドライブをさらにおしゃれに彩ってくれます。

T33型エクストレイルの内装・シート地をグレード別で紹介

T33型エクストレイルのインテリアは3パターンに分かれます。

AUTECHだけは専用内装となっており、差別化が図られています。

エクストレイル S・S e-4ORCEの内装・シート地

エクストレイルSの内装

extrailsnoseat

エクストレイルのベースグレードとなるSは、ブラックでファブリックシートとなります。

シート地はブラックとなっていますが、グレーとブラックの2トーンのようなイメージです。

エクストレイル X・X e-4ORCEの内装・シート地

エクストレイルXの内装

エクストレイルXのシート

 

Xも基本的な部分はSと同じで、メーターまわりなど装備が異なります。

シートもSと同じファブリック地で、見た目は大差ありません。

エクストレイル G・G e-4ORCEの内装・シート地

エクストレイルGの内装

エクストレイルGのシート

 Gになると、シートがTailorFitに変わります。

TailorFitは合成皮革の素材ですが、ナッパレザー並みの感触を持つ素材です。

ラグジュアリーなイメージが出ていて、おしゃれ感にさらに磨きがかかっていますね。

エクストレイル AUTECHの内装・シート地

エクストレイルAUTECHの内装

エクストレイルAUTECHのシート

AUTECHは専用内装となっており、本革シートになります。

ブルーのステッチが入っていて、スポーティさを出していますね。

T33型エクストレイルの室内寸法・室内長を競合車と比較

 エクストレイルハリアーCX-5
室内長
1980mm ※11880mm1890mm
室内幅1540mm1520mm1540mm
室内高1255mm1215mm1265mm

※1 NISSAN Connectナビ付き車は、1990mm。

T33型エクストレイルの室内寸法は表の通りです。

競合車種よりも室内空間の広さは確保されていて、ライバル車より有利。

管理人
管理人
日産車全般に言えることだけど、室内長が広い。

ハリアーとCX-5は僅差ですが、エクストレイルは一つ飛び出ていますね。

同クラスのSUVの中では、ゆったりできる室内空間があると言えるでしょう。

T33型エクストレイルの内装と外装【まとめ】

T33型になってe-Powerのみとなったエクストレイル。

パワートレインの変更により、車両価格はグッと上がっています。

値段はアドバンテージにならないので、装備面などを材料にして交渉しましょう。

下記にエクストレイルを少しでも安く買うための情報をまとめています。

あわせて参考になさってください。

参考 【毎月更新】エクストレイルの限界値引き額を引き出す!見積もり時の注意点と値段交渉のコツ

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、1つのお店以外で査定はする派ですか?

車を高値で売却するならココ!

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使っても問題ありません。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

カーネクスト【電話は1社だけ】

カーネクストの特徴

  • 電話のやり取りは1社だけ
  • 実車査定なしで車が売却できる
  • オークション相場で算出するから高値

カーネクストは、電話だけで査定・売却まで完結できる新しい車買取サービスです。

電話のみの査定だけで、そのまま売却までできます。

中古車オークションの相場価格から金額を算出するため、比較しなくても高値が出やすいんです。

管理人
管理人
連絡を取るのはカーネクストの担当者1人だから、電話が鳴りまくる心配がない。

一括査定のように電話でストレスにならず、それでいて一括査定レベルの金額で売却できます。

10万kmオーバーや普通では査定拒否される車でも買取対象という大盤振る舞いです。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

ナビクル

ナビクルの特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクルは、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
管理人
ユーザー評価の高いオートバックスカーズなど、有名どころの業者に依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

まぎぺー

元ホンダディーラー営業マン。中古自動車査定士・損害保険募集人資格の有資格者です。業界の裏話を交えて書いています。YouTubeでの配信も始めました。ご不明点やご意見はお問い合わせかYouTubeのコメントからお願いします。

公開したての記事

個人向けカーリース業者の比較とおすすめランキング 1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

主要な車買取業者の比較とおすすめランキング 2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

自分でできる車庫証明の取り方や書き方 3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

ガリバーからの電話の理由と対処法 4

ガリバーのサービスや一括査定を依頼すると、かかってくる0120221616の電話番号。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階 ...

譲渡証明書の書き方と記入時の注意点 5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-日産車の外装・内装情報
-,