トヨタヴォクシーの生産状況と販売台数
※この記事にはプロモーションが含まれています。

自動車関連データ

トヨタヴォクシーの生産状況と月間販売台数の最新情報|前年との差や年間推移

この記事では、ヴォクシーの生産状況と月間販売台数を更新しています。

ヴォクシーの売れ行きや生産状況を見ながら、新車購入の検討材料としてください。

先にヴォクシーの値引きや安く買うコツを見たい方は、下記にまとめてあります。

ヴォクシーの値引き情報

ヴォクシーの月間販売台数・生産状況の推移

台数順位
2023年12月3,894台18位
2023年11月6,337台11位
2023年10月7,307台7位
2023年9月7,670台9位
2023年8月6,542台7位
2023年7月8,661台6位
2023年6月8,739台6位
2023年5月6,913台6位
2023年4月6,495台10位
2023年3月10,931台10位
2023年2月8,523台6位
2023年1月7,068台7位

表は、ヴォクシーの過去1年間の累計販売台数です。

販売台数などのデータは、一般社団法人日本自動車販売協会連合会から引用しています。

上位50位中の前半順位を取っていることもあり、ミニバンの中では販売台数は多いです。

よく売れているので、値引きしてでも売っているということがわかります。

ディーラーからすれば、値引き額云々よりも販売台数を上げなければいけないので当然の結果ですね。

半導体不足が続いていますが、これだけの台数が生産・販売されています。

安定して高順位をキープしているので、今後も販売台数は上がっていくでしょう。

トヨタヴォクシーの新車販売台数前年比は?

前年比
2023年12月75.8%
2023年11月127.9%
2023年10月101.5%
2023年9月93.1%
2023年8月194.1%
2023年7月214.7%
2023年6月207.7%
2023年5月320.5%
2023年4月138.0%
2023年3月142.1%
2023年2月411.1%
2023年1月398.4%

ヴォクシーの新車販売台数の前年比を見てみると、ほとんどの月で上がっています。

1年を通して前年比を上回っていますが、2023年前半は400%を超える月も。

管理人
管理人
フルモデルチェンジ後の売れ行きがいいってことだね。

車がたくさん売れている時は、値引き交渉もしやすくなります。

メーカーからの販売支援金や奨励金など、売れる時期にはメーカーからディーラー側へ後押しされていることも。

ディーラー側の値引き額推移について、詳しくは『新車の最新値引き情報』をご覧ください。

ヴォクシーが含まれる普通乗用車の新車販売台数

車種別の新車販売台数
2024.1月時点
普通乗用車135,966台
前年比→105.3%
小型乗用車57,196台
前年比→78.2%

小型乗用車よりも普通乗用車の方が売れていることがわかります。

ヴォクシーのような5ナンバーサイズミニバンは需要が高く、1年を通してよく売れているということです。

ガソリン車でも納期半年近くかかっていることからも、売れていることはわかりますね。

半導体不足の影響もありますが、自動車業界はまだまだ明るいと言えるでしょう。

トヨタヴォクシーを安く買うには?

新車を安く買うには、時期やタイミングが大切です。

ただ、時期以外に値段交渉することも重要。

新車は特に何も言わないと値引きはしてくれないので、こちら側から攻める必要があります。

管理人
管理人
交渉は難しいと思われがちだけど、やり方を知っていれば簡単。

元ディーラー営業をしていた僕が、新車の値引き交渉術をまとめています。

毎月最新のヴォクシーの限界値引き額や交渉術を紹介しているので、あわせて参考になさってください。

ヴォクシーの国内生産工場・増産状況

ヴォクシーはトヨタ車体の刈谷市にある富士松工場だけでしたが、2024年1月から工場を増やしました。

豊田市にあるトヨタ元町工場でも並行生産するとのこと。

元町工場は2022年夏頃までヴォクシーの生産をしていましたが、富士松工場に一本化されていました。

今回1年半ぶりの並行生産に切り替えられています。

ヴォクシーは長納期が続いており、ガソリン車で半年・ハイブリッドになると1年を超えることも。

納期改善にも一役買ってくれるといいですね。

【各メーカー別】全体の新車生産台数・生産状況

メーカー台数
ダイハツ1,785台
ホンダ25,985台
マツダ8,275台
三菱3,055台
日産18,313台
スバル9,729台
スズキ8,529台
トヨタ110,303台

※2023年12月時点

主要メーカー別の新車販売台数は、表の通りです。

トヨタの台数だけが群を抜いて1位で、かなり離れてホンダ・日産と続いています。

スバル・スズキ・マツダが僅差で続いており、三菱とダイハツは少なめの数字です。

トヨタは前年比ベースで見ても、大幅に台数を伸ばしています。

中古車(自家用乗用車)の月別登録台数の最新情報

メーカー台数
2023年12月普 156,652台
小 97,134台
2023年11月普 153,473台
小 96,595台
2023年10月普 162,074台
小 101,903台
2023年9月普 158,217台
小 100,260台
2023年8月普 149,039台
小 93,559台
2023年7月普 157,126台
小 97,498台
2023年6月普 163,394台
小 104,348台
2023年5月普 145,503台
小 95,526台
2023年4月普 146,866台
小 97,555台
2023年3月普 217,017台
小 160,366台
2023年2月普 143,049台
小 101,167台
2023年1月普 120,083台
小 85,335台

※普は普通乗用車・小は小型乗用車

自家用乗用車の中古車月別登録台数は、表の通りです。

過去1年間を見ていて、一番売れ行きがいいのは3月の決算月。

9月10月の中間決算期も販売台数は伸びていますが、やはり一番は決算月である3月です。

管理人
管理人
中古車は高い言われているけど、売れてるよね。

新車と比べてコスパが悪くなった中古車ですが、まだまだ売れ行きはいい方です。

トータルで見れば横ばいなので、中古車が売れないということはありません。

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、1つのお店以外で査定はする派ですか?

車を高値で売却するならココ!

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使っても問題ありません。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

カーネクスト【電話は1社だけ】

カーネクストの特徴

  • 電話のやり取りは1社だけ
  • 実車査定なしで車が売却できる
  • オークション相場で算出するから高値

カーネクストは、電話だけで査定・売却まで完結できる新しい車買取サービスです。

電話のみの査定だけで、そのまま売却までできます。

中古車オークションの相場価格から金額を算出するため、比較しなくても高値が出やすいんです。

管理人
管理人
連絡を取るのはカーネクストの担当者1人だから、電話が鳴りまくる心配がない。

一括査定のように電話でストレスにならず、それでいて一括査定レベルの金額で売却できます。

10万kmオーバーや普通では査定拒否される車でも買取対象という大盤振る舞いです。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

ナビクル

ナビクルの特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクルは、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
管理人
ユーザー評価の高いオートバックスカーズなど、有名どころの業者に依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

まぎぺー

元ホンダディーラー営業マン。中古自動車査定士・損害保険募集人資格の有資格者です。業界の裏話を交えて書いています。YouTubeでの配信も始めました。ご不明点やご意見はお問い合わせかYouTubeのコメントからお願いします。

-自動車関連データ