車の乗り換えのコツ

個人向けマイカーリースのおすすめ業者を比較|各社のメリット・デメリットを全て解説

最近人気のサブスク系サービス。

車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。

月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリース。

リースはもともと法人向けのサービスでしたが、ここ最近は個人向けのカーリースの需要が高まってきています。

この記事では、個人向けカーリースのメリットやデメリットからおすすめの業者を比較しました。

先におすすめの業者を知りたい方は、おすすめ業者をタップすればスクロールします。

カーリースとは?ローンや残クレとの違い

画像引用:カルモ公式サイト

カーリースは、月々に一定額を支払って車に乗るサービス。

最近人気のサブスク制の車バージョンです。

リース会社が車の登録費用や維持費を負担するため、頭金やまとまったお金がなくても車が買えます。

管理人
日頃のメンテナンスや車検費用もセットになってる業者が多い。

車の維持費はガソリン代くらいしか必要がないため、手元に現金を残せるところが魅力です。

また、個人で所有できるのでレンタカーのように『わナンバー』になることもありません。

残クレ(残価設定ローン)は車両本体のみ含まれる

残クレ(残価設定ローン)もカーリースとよく似たサービスです。

ただ、カーリース契約は車両本体と税金などの車の維持費も金額に含まれるところが大きな違い。

管理人
残クレは5年後とかの車の価値をあらかじめ決めて、それを引いた金額でローンを組むイメージ。

あくまで車両本体の金額のみなので、維持費は別にかかってきます。

車のローン代と別で維持費がかかってくると、毎月の支払いに変動が出て家計には厳しくなりますよね。

これをフラットにしたのが定額制のマイカーリースです。

カーリースは税金や車検代がコミコミの価格で乗れる

個人向けに用意されているカーリースのほとんどは、車の登録や諸費用が含まれています。

さらに、毎年の自動車税や車検の時の重量税・自賠責代もコミコミ

リース業者によっては、車検費用が含まれているところもあります。

管理人
メンテナンスパックをつけると、オイルやタイヤも料金に入れることができるよ。

消耗品までパックにすることもできますが、つけすぎると支払額が上がるので注意が必要です。

予算を考えながら、いるものといらないものを選別すればより安く抑えることができます。

個人がカーリースを使うデメリットと注意点3つ

 

カーリース会社のホームページを見ると、いいことがデカデカと書かれています。

気になるような注意点は、小さく書かれていることがほとんどです。

まる2日かけて調べたカーリースのデメリットや注意点をまとめました。

注意点とデメリット

  • 試乗ができない
  • 事故や大きな損傷は自己負担
  • 途中解約ができない

ここから、各項目について1つずつ詳しくご紹介します。

見積もりした車の試乗ができない

普通に新車をディーラーに見に行けば、車の試乗はできます。

現車の確認もでき、実際に乗ることも可能です。

しかし、カーリース業者は現車を持っていません。

そのため、実物を見たり試乗することができないのはデメリットです。

管理人
試乗する場合は、新車ディーラーへ行く必要あり。

ディーラー担当者にリースで考えているからと言えば、ガツガツ営業される心配もありません。

現車が気になる場合は、ディーラーへ足を運べばOKです。

事故や大きな傷・凹みの補償は自分でしなければならない

カーリースの1番の心配事は、事故や大がかりな修理になった時の対応です。

一般的に、カーリース契約は事故をすると使用者(乗っている人)の責任になります。

全損事故になるとカーリース契約は強制解除され、費用はこちらが負担しなければいけません。

管理人
車両保険かリース特約に入っておかないと怖い。

日常使用でつくような傷や経年劣化によるものは、費用を請求されることはありません。

定額カルモくん は、メンテナンスパック(3340円〜)をつけると凹みなどを直す時の補償も含まれます。

契約途中の変更や解約はできない業者が多い『例外もあり』

ローン契約なら、期間が残っていても繰上げ返済をすることができます。

しかし、カーリースは最初に決めた期間は必ずリースしなければなりません。

原則、契約後の途中解約や変更は不可能です。

ただ、リース会社によっては途中解約できるところもあり、例外もいくつかあります。

中途解約できるリース会社

もろコミとオリックスリースは、契約満了の2〜3年前(プランによる)から途中解約が可能です。

Kintoは死亡や免許返納、海外転勤など特定条件下のみ途中解約ができます。

リーズナブルだけはいつでも解約OKです。

個人でカーリースを利用するメリット

反対に、個人でもカーリースを利用するメリットはたくさんあります。

ここ最近で個人向けカーリースの申込数が増えてきているのも納得です。

個人向けカーリースの特にいいところは下記の3点。

カーリースのメリット

  1. 頭金なしでも新車に乗れる
  2. 車の維持費の負担が少ない
  3. 現金を手元に残せる

法人や個人事業主の場合は、車両を全額経費にできるなど節税面でお得になります。

頭金なしで新車に乗れる

個人向けカーリースの1番のメリットは、頭金なしで新車に乗れるという点です。

現金やローンの場合、頭金を入れないと毎月の支払額が高いところがデメリット。

しかし、個人向けのカーリースはネット販売と長期契約によりコストを下げているんです。

管理人
整備工場も提携業者に安く依頼してるからいろいろ安い。

そのため、リース期間を短くすればするほど値段は高くなります。

逆に期間が長ければ長いほど、リース料金は安いです。

車の維持費(税金・車検費用)が月々料金に含まれている

法人向けのリースと比べても、個人向けリースはメンテナンスパックが安めの料金設定です。

ほとんどのリース会社のプランは、毎月の支払いに税金関係も含まれています。

管理人
毎年5月や車検の時にお金のやりくり気にする必要なし。

車検については、基本料金だけ含む業者と諸費用まで全て含む業者があります。

リーズナブル Kinto だけ車検の全ての費用が無料です。

その他の業者は、車検基本料だけで整備費用や工賃は別途必要になります。

現金を手元に残せるから、急な出費も安心

このご時世、急にどんな出費があるかわかりません。

急な出費が必要になった時のために、すぐに使える現金は残しておきたいものです。

そんな時でも、リースなら頭金やまとまった現金は必要ありません

管理人
車買う時のお金って安くても数百万単位になるからね。。

子供の進学など、大きなお金が動く時はあらかじめわかっています。

我が家はそこでバタバタやりくりしてて、喧嘩になった苦い経験がありました。

大きな出費の前に備えられるという意味でも、リースの料金体系は今の時代に合っていると思います。

個人向けのマイカーリース会社の選び方

個人向けにマイカーリースを展開している業者はたくさんあります。

昔からあるところや最近始まったところなど、数えればキリがありません。

実績がある大手のリース会社がおすすめというわけでもなく、サービス内容で比較すると失敗しにくいです。

各社のサービス内容を調べていてわかったカーリース会社の選び方をご紹介します。

業者選びのポイント

  • 車のリース期間
  • 走行距離の制限
  • 車種やグレードの種類
  • コミコミ料金の中身

この3つのポイントについて、具体的にご説明します。

車をリースする期間が自分の使い方にあっているか

一番大切なのが、車をリースする期間です。

リース会社によってリース期間はバラバラで、値段も変わってきます。

普段からだいたい何年くらいで乗り換えるかのサイクルを考えてみてください。

管理人
基本的には、長くリースすればするほど料金は安くなる。

ほとんどのリース会社が、5〜7年くらいで期間を設定しています。

定額ニコノリパック コスモMyカーリース は、3年からリースが可能です。

リース車の走行距離の制限を確認しておく

リースする車には、走行距離が設定されています。

業者によって違いますが、一般的には月1000kmくらいが目安です。

規定の走行距離を超えると、リース期間満了時に追徴金が発生します。

車によく乗る人は、リース満了時に車がもらえる業者を選んでください。

管理人
リース後に車がもらえるのは、 もろコミ オリックスリース だけ。

この2つの業者なら、走行距離はもちろんキズや凹みがあっても追加料金が発生することはありません。

車種やグレードの取り扱いが豊富か

自分の乗りたい車がリースできなければ、意味がありません。

会社で使う車であれば問題ないですが、自分用で普段乗るのに車が選べないのは困りますよね。

ほとんどのリース会社は、国産メーカーならだいたいの車種は選べます。

ただ、業者によって取り扱っている車種の特徴があったので、まとめてみました。

 

もろコミ

カルモ ニコノリ オリックス コスモ リーズナブル Kinto
トヨタ
ホンダ
日産
マツダ
スバル
スズキ
ダイハツ
三菱

※スマホは右へスクロールします

Kintoはトヨタが運営するリースのため、トヨタ車かレクサス車のみとなっています。

他の業者は国産メーカーにはほとんど対応していました。

ただ、リーズナブルだけはスバル・スズキ・三菱車はリース対象外です。

リーズナブルは、大衆車よりも高級車や上位車種中心のラインナップとなっています。

リース料金に含まれるコミコミの内容が妥当か

リース料金内に含まれる項目についても、各社で少し違いがあります。

必ず含まれているのは、自動車本体の値段と登録にかかる諸費用一式です。

リース会社によって、自賠責・重量税や車検費用が含まれないところもあります。

管理人
逆に、任意保険料が含まれるところもあるよ。

コスモMyカーリースは、値段を落とすために最低限の登録費用のみのプランが用意されています。

Kintoとオリックスリースは、任意保険料もセットの料金です。

個人向けマイカーリース業者の比較一覧表

 

もろコミ

カルモ ニコノリ オリックス コスモ リーズナブル Kinto
料金
新車
中古車
メーカー8888851
期間1〜117,93〜75,7,93,5,753
メンテプラン×

※メンテプランは、料金とサービス内容で評価

中古車のリースをやっているのは、オリックスだけでした。

他のリース会社は新車のみで、中古車のリースは対応していません。

車種は、リーズナブルだけがスバル・ダイハツ・三菱車の取り扱いがない状況でした。

Kintoはトヨタ系なのでトヨタとレクサスのみの取り扱いです。

主要車種であれば、その他の業者で取り扱いはあります。

【主要7社】個人向けのマイカーリース業者のおすすめランキング

個人向けのマイカーリース業者をおすすめ順にランキングでご紹介します。

ランキングの選定基準は、下記の3項目で相対評価しました。

ランキング選定基準

  1. 取り扱い車種が豊富か
  2. 車の乗り方の制限が厳しくないか
  3. 利用規約がユーザーに親切か

比較表で書ききれなかった細かい特徴も、こちらでまとめてあります。

1位 カーコン(カーコンビニ倶楽部)のカーリース もろコミ

画像引用:もろコミ公式サイト

新車
中古車
料金(新車)8030円〜
リース期間7・9年
含まれるもの

自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
車検基本料
メンテナンスプラン2750円〜※軽のみ
カーナビ2200円(ナビ・バックカメラ・ETCもセット)
ETC

もろコミ は、カーコンビニ倶楽部が運営する個人向けのカーリースです。

テレビCMでも有名ですが、1番の魅力はリース期間満了時に車が無償でもらえる点。

管理人
精算しなくていいから、走行距離やキズ・凹みで追加料金がかかることがないんだ。

中途解約ができないカーリースですが、もろコミはリース期間2年前なら途中で解約できます。

メンテナンスパックは軽自動車のみの対応で、普通車は加入できません。

その代わり、車検基本料は料金に含まれていてお得です。

リース後に車がもらえる

もろコミで車を探す

\走行距離や傷・凹みの心配不要/

2位 おトクにマイカー 定額カルモくん

画像引用:マイカー賃貸カルモくん公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月13090円〜
リース期間1〜11年
含まれるもの自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
メンテナンスプラン3340円〜
カーナビオプション726円〜
ETC無料※大型車はオプション

カルモは、キズや凹みに対しての補償を付けられる唯一のリース会社です。

普通の業者は、キズや凹みがひどい場合はリース期間満了時に減額されてしまいます。

管理人
定額カルモくん は一番安いメンテプランで補償サービスがついてくるんだ。

よほどの損傷でない限りは、補償サービスでまかなえる点はカルモの魅力。

走行距離の制限も月1500kmまでと、他のリース会社よりも長くなっています。

たくさん乗る方にはおすすめのリース会社です。

メンテナンスパックの種類が多い

定額カルモくんで車を探す

\ボーナスなし均等払いのカーリース/

3位 ニコニコリース 定額ニコノリパック

画像引用:定額ニコノリパック公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月11000円〜
リース期間3〜7年
含まれるもの


自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
車検費用
オイル・ウォッシャー・クーラント液
メンテナンスプラン2200円〜
カーナビ車種による
ETC

定額ニコノリパック は、メンテナンス系のサービスが手厚いリース会社。

メンテナンスパックを付けなくても、オイル・ウォッシャー液・クーラント液は費用に含まれています。

車検費用もコミなので、少しでもメンテナンス費用を浮かせたい方に最適です。

メンテパックも2200円と他より安めの値段設定となっています。

月の走行距離が1000kmなので、距離を乗らない方ならお得な業者です。

リース料金にオイル交換が含まれる

定額ニコノリパックで車を探す

\日常メンテナンス分が入ってお得/

4位 オリックスのカーリース いまのり

画像引用:オリックスリース公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月14410円〜
リース期間5・7・9年
含まれるもの

自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
車検基本料
オイル・エレメント交換
メンテナンスプランなし
カーナビ1100円〜
ETC220円〜

オリックスのリースは、新車だけでなく中古車からも選べます。

もろコミと同じく、リース期間満了後に車がもらえるのも特徴。

料金内にオイルとエレメント交換が含まれているのも魅力です。

管理人
車検費用が基本工賃のみなので注意。

メンテパックの設定がないため、整備費用コミで考えるなら不向きです。

頭金を入金できる

オリックスリースで車を探す

\一番歴史の長いカーリース会社/

5位 コスモMyカーリース(コスモスマートビークル)

画像引用:コスモMyカーリース公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月15620円〜
リース期間3・5・7年
含まれるもの自動車税
登録費用
※メンテパックによる
メンテナンスプラン2970円〜
カーナビ1320円〜
ETC550円〜

コスモMyカーリース は、コスモ石油が運営する個人向けリースです。

そのため、ガソリン代の割引があるのが強み

提携クレジットカードであれば、ガソリン代が値引き価格で利用できます。

ガソリン代が安くなるカーリースはコスモMyカーリースだけです。

メンテパック次第では、自動車税や重量税を別払いのプランにも変更できます。

走行距離は自分で設定可能

コスモMyカーリースで車を探す

\唯一ガソリン代の割引があるカーリース/

6位 高級車種が多い リーズナブルのカーリース

画像引用:リーズナブル公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月8000円〜
リース期間5年固定
含まれるもの
自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
車検費用
メンテナンスプラン
カーナビ問い合わせ
ETC

リーズナブル は、リース価格で見るなら一番安い業者です。

リース期間は5年固定のみですが、車検費用が全て含まれているのはリーズナブル だけ

メーカーは、スズキ・スバル・三菱の取り扱いはありません。

ただ、軽自動車やコンパクトカーなど全体的に車種は豊富に選べます。

管理人
ここの1番の強みは、高級車種の取り扱いが多いこと。

グランエースなど他のリース会社ではまずない車種が選べるのは、リーズナブルしかありませんでした。

諸費用・車検代コミの月額制

リーズナブルで車を探す

\月8000円から新車が買える/

7位 テレビで有名 トヨタのカーリースKinto(キント)

画像引用:Kinto公式サイト

新車
中古車
料金(新車)月32780円〜
リース期間3年固定
含まれるもの
自動車税
重量税
自賠責保険料
登録費用
任意保険料
メンテナンスプラン◯料金込み
カーナビ2640円〜(セット)
ETC

Kintoは、トヨタが運営する個人向けのカーリースサービスです。

トヨタ直営のため、取り扱い車種はトヨタとレクサスのみとなっています。

管理人
任意保険とかメンテナンス系はほぼ全て料金に含まれてるんだ。

値段を見ると高いと思いますが、料金内には整備費用や点検まで全て含まれています。

Kintoは、本当に全てコミコミのカーリースと言えるでしょう。

トヨタ運営のカーリース

Kintoで車を探す

\任意保険料もコミコミで安心/

個人向けマイカーリースのおすすめ業者【まとめ】

個人向けのカーリース市場は年々成長しています。

車は一括で買った方が安くできますが、まとまった出費が必要です。

カーリースは家計の負担を減らしつつ、新車に乗れるのがいいところ。

個人的には、走行距離や凹みなどの心配がない もろコミ が1番いいなと感じました。

せっかくの新車なのに走行距離を気にして乗るのは辛いですよね。

もろコミで何も気にせず、お出かけしましょう。

>> もろコミを詳しく見てみる

スポンサーリンク




【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

-車の乗り換えのコツ
-

© 2020 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説

更新したばかりの記事とキャンペーン情報
更新情報を見る
新しい記事とお得情報
更新情報を見る