車の乗り換えのコツ

ディーラー下取りが安い?実際試してわかった買取との違い|査定金額やメリットで比較

車を査定してくれる場所は、トヨタなどの新車ディーラーとガリバーのような買取業者の2つです。

一般的にはディーラーで査定してもらうことが多いですが、実は査定額は安くなります。

結論から言うなら、買取業者の査定の方が買取額は高いです。

元ディーラー営業マンである管理人が、ディーラー下取りと買取業者の査定の違いを実際に体験して比較してみました。

この記事では、下取りと買取の違いや特徴を比較し、査定額の違いもご紹介しています。

これから車の査定に挑む方向けに書いているので、最後まで目を通していただければどこで査定するかで悩むことはありません。

車の査定方法は『下取り』と『買取』の2種類

車を査定する方法は、下取りと買取の2種類があります。

どちらも査定のやり方自体は変わりませんが、査定をする業者が違うだけです。

下取りと買取の違い

  • 下取り → 新車ディーラー
  • 買取  → ガリバーなどの買取専門業者

査定基準は統一されており、日本自動車査定協会が定めた規定通りに行います。

ただ、業者によってプラス査定する基準が少し違うので、査定するところによって値段が少し変わるのです。

まずは、大まかにディーラーと買取業者に分けて違いをご紹介します。

ディーラーの査定は『下取り』

下取りは新車ディーラーで車を引き取ってもらい、その車の金額を購入金額に充てるやり方です。

基本的に車の乗り換えを伴う査定で、ディーラーでは車を買い取るだけの対応はしてもらえません

管理人
ディーラーは、基本乗り換えメインで車を引き取るんだ。

ディーラーは車の買取で利益を出すのではなく、あくまでも新車の販売が目的です。

そのため、車を買うだけではなく乗り換えをしないといけません。

査定するだけならできますが、査定した車の買取のみはNG。

下取りした金額は、乗り換え時の車の値引きとして充当するのがディーラーの基本的なやり方になります。

車買取業者の査定は『買取』

買取はガリバーやビッグモーターなど買取専門の業者へ査定を依頼し、買取の話を進めていきます。

下取りと違う点は、車を売ることがメインとなってくるところです。

終始車を売ることを中心に話が進むので、買取価格の交渉もしやすいのが魅力であり強み。

また、買取業者は新車ディーラーとは違い、買取を専門に行っているので中古車の販売ネットワークが広いです。

管理人
買取業者は、車を売るだけでも対応してくれるよ。

乗り換えを強引に勧められたりすることはなく、僕自身もよく査定だけで利用しています。

ディーラーと違い、買取台数のノルマが課せられる業者が多いため、無理にお願いしてくる担当者もいるので注意が必要です。

3つくらいの買取業者で査定しておくと、嫌な担当がいた時もすぐ別の業者に移れます。

一括査定 を使えば、一度に2社以上の業者に査定申し込みができるので便利です。

下取りと買取の違いをいろんな面で比較

 下取り買取
査定の方法×持ち込み◯出張査定
査定価格×安い◯高い
相見積もり△自分でまわる◯同時依頼可能
乗り換え新車中古車
代車△業者による

下取りと買取の違いをいくつかの項目で比較してみました。

買取業者は乗り換え車種が中古車になることが多いため、新車の乗り換え時は使いにくいです。

新車の取り扱いもあるものの、保証面やアフターサービスを考えると少し不安があります。

昔は査定額の相見積もりをする時、いろんな業者をまわって査定する必要がありました。

管理人
1つのお店で査定してすぐ帰れないから、1日仕事…。

最近は、ネットから複数の買取業者に査定を依頼できる時代。

ナビクル車査定 のような一括査定サービスを使えば、査定額の相見積もりも簡単です。

たくさんある一括査定サイトの違いやおすすめサイトは、こちらの記事に詳しくまとめました。

関連 【元査定士監修】プロが選ぶ車一括査定サイトのおすすめランキング|比較・注意点あり

実際にディーラーと買取業者で相見積もりした値段差

ディーラーでも買取業者でもよく査定するので、以前に査定した時の値段差をご紹介します。

査定した車は、高年式のプリウスαでトヨタディーラーと買取業者4社で値段を比べました。

ディーラーは新車の商談でお店へ行きましたが、その他の業者は一括査定サイトから依頼しています。

この時に利用したのは、 ズバット車買取比較 です。

査定した車の情報

  • プリウスα パールホワイト
  • 2014年式(査定時2年落ち)
  • 1.8Sチューンブラック(特別仕様車)
  • 走行距離:38000km
  • 車検残:1年 
  • 修復歴無し・記録簿等あり
  • 9インチHDDナビ

結果としては、買取業者のカーチスが一番査定額が高かったので、カーチスで売却しました。

査定額と値段交渉の経緯をこっそりご紹介します。

 提示額交渉後電話やり取り
トヨタ160万円170万円4回
ガリバー165万円180万円5回
ビッグモーター170万円173万円1回
カーチス168万円185万円9回
カーリンク170万円175万円3回

ほとんどの業者が1回目に言った査定額から値段が上がっていますよね。

これは僕が査定後に値段交渉をしたからです。

値段交渉をしなければ、1回目に言われた金額のまま売却することになってしまいます。

管理人
車は買う時だけじゃなく、売る時でも交渉可能だよ!

損しないためには、必ず査定額を他社と比較するようにしましょう。

業者によって値段交渉に積極的でないところもあるので、話にのってくれない場合は別の業者と交渉すればOKです。

1つの業者にこだわる必要はありません。

車の査定額を比較すると、車買取業者の方が高くなりやすい

車の査定額を比べれば、買取業者の方が高くなりました。

そもそも、なぜ買取業者の方が高くなるのかの理由についてご紹介します。

買取業者の方が高くなりやすいのは、仕組みの違いです。

ディーラーはそもそも車の買取より新車の販売に力を入れている

ディーラーの主な目的は、車を買うことではなく売ることです。

新車を買ってもらうことがディーラーの存在意義であり、企業理念。

ディーラーは車を売るためのインフラは揃っていますが、買い取ることは苦手なのです。

僕は昔ホンダのディーラーで働いていましたが、営業マンには月ごとに販売目標(ノルマ)が設定されます。

管理人
経験やスキルで販売台数の目標は変わるよ。

多い人だと月間10台以上、新人クラスで2台くらいの新車販売目標がありました。

ただ、車の買取台数の目標はありません。

あくまでも新車を売るための査定なので、買取しても成績にはならないのです。

ディーラーからすれば買取は販売のための手段でしかないため、積極的に車を買う必要がありません。

ディーラーは買取した車の再販ルートを持っていない

もう1つ大きな理由に、買取した車の再販ルートがないことも不利な点として挙げられます。

中古車の販売ルートはいろいろありますが、ディーラーが持つ再販ネットワークは少なめです。

中古車の再販ルート

  • 店舗で再販
  • お客さんへ転売
  • オークションへ転売

ディーラーの規模にもよりますが、小さいところだと中古車の販売店舗がないところもあります。

さらに、ディーラーは全国展開していないことも再販ルートが少ない原因の1つです。

トヨタは京都トヨタなど各都道府県に1社あり、大阪トヨタは別会社となります。

その点、ガリバーなど買取業者の多くは全国に店舗を持っているので、再販できる箇所も広いのが特徴。

海外への販売ネットワークもあるため、再販力が強く高い値段をつけても問題がないのです。

オプションや社外品など車の査定基準が異なる

査定基準についても、ディーラーと買取業者で少し変わります。

基本的には査定協会で定められた基準通りですが、買取業者は個別の基準を設けているところも。

ディーラーは基準通りの査定に対して、買取業者はオプションや社外品をプラス査定するところがあります。

プラス査定をしてくれる買取業者

  • ガリバー
  • ラビット
  • ユーポス 

この3社は、査定時にオプションのプラス査定があることをサイト上で明言しています。

カスタム車両の買取にも強いので、別途パーツを取り付けた場合は査定額が高くなるかもしれません。

楽天カーサービス はご紹介した業者全てが参加しているので、一度に査定申し込みができます。

>> 楽天カーサービスで査定してみる

ディーラー下取りのメリットと査定額が有利になるケース

査定額は安めですが、ディーラー下取りの方が有利になる場合もあります。

ポイントは、新車への乗り換えと値段がつかない車です。

買取業者ならたいていの車は値段がつきますが、車の状態によって査定額がつかないこともあります。

値段がつかない車をあえてディーラーで下取りすることで、値引きに使えるんです。

値段がつかなくても下取り値引きとして使える

他社で査定ゼロだった車は、新車への乗り換え時に値引き額として合算が可能です。

通常、新車の値引額は車種により決まっています。

しかし、下取り車があれば車種値引きとは違うところで値引きができるのです。

管理人
下取り値引きと言って、下取り車の金額を上げて値引きにするやり方のことね。

査定額がつく車の場合は、買取業者で査定した方がいい値段がつくことが多いです。

ただ、買取業者で値段がつかないような車なら、下取り値引きを狙いましょう。

車両本体の値引き以上に、安くしてもらえる可能性は高くなります。

新車に乗り換える場合は手続きがスムーズで安心感がある

ディーラーは新車に乗り換えるなら、値段やサービス面をトータルで考えて一番です。

メーカー直の取引があるため、手続きもスムーズで何より安心感が違います。

保証や不具合があった時の対応も早く、確実です。

管理人
いろんなところに連絡しなくてもいいから楽よね。

売るところと買うところを分けると、連絡先も増えます。

ディーラー下取りなら値段は安いですが、手間は掛からないところが魅力です。

車買取業者の査定のメリットと買取額が有利になるケース

車買取業者で査定する最大のメリットは、買取額の高さ。

車を買い取るだけでも対応してくれますし、中古車の再販力がディーラーとは段違いです。

オークションとの提携や実績もディーラーより多く、買取した車を高く売ることができます。

そのため、買取業者は車種問わず全体的に買取額が高くなりやすいのです。

買取した中古車の再販ネットワークが広い

車買取業者のほとんどは、ディーラーと違って全国に店舗展開をしています。

インターネット上で全国の店舗にある中古車情報を検索でき、他府県からでも車を売れるところは強み。

ディーラーは都道府県別に運営会社が違うため、他府県からの取り寄せは原則できません。

管理人
ガリバーやアップルは海外にも支店あるから、日本では値段つきにくい古い車の買取にも強い。

自社の店舗で売れることに加え、海外輸出ととにかく販売先が豊富なことが特徴。

そのため、多少無理をして買取しても転売できないというリスクが少ないのです。

買取業者の多くが値段交渉に積極的に応じてくれるのは、こういった背景があるからと言えます。

純正以外のオプションパーツも査定の評価になりやすい

先にご紹介した通り、買取業者は独自の査定基準を持っているところが多いです。

中でも魅力的なのは、オプションや付属品のプラス加点。

加点対象となるオプションの例

  • ナビ、オーディオ
  • アルミホイール
  • スピーカー

ディーラーは査定協会が決めた基準通りの査定なので、オプション類の加点は少なめです。

しかし、買取業者はオプションパーツも個別に評価してくれるため、結果として査定額が高くなります。

ディーラーで下取り査定する方が向いている人

ディーラーで下取り査定した方がいい人の特徴は、大きく2つ。

乗り換えに手間をかけたくない人とディーラーと付き合いがある人です。

特に、昔からディーラーと付き合いがあって営業マンと仲がいいと簡単に動けないこともありますよね。

車の乗り換えに手間をかけたくない人

新車に乗り換える予定があるなら、ディーラーへ行きますよね。

ディーラーの一番いいところは、査定から新車の契約まで全て1箇所で完結するところです。

別の業者に連絡する必要がなく、1人の担当者と連絡するだけでいいので手間はかかりません。

管理人
多少安くても楽なのはディーラー下取りのメリット。

査定額は買取業者より下がりますが、時間や手間は節約できます。

面倒なことは嫌いだという方なら、ディーラー下取りの方がスムーズです。

長い間ディーラーとの付き合いがある人

お父さんが昔からディーラーと付き合いがあったり、身内にディーラーの営業マンがいるケースもあります。

ディーラーとの付き合いが長くなると、営業マンとの間に信頼関係ができてくるもの。

特に、個人経営のディーラーだと社長さんと仲良くなったりすることも多いです。

管理人
うちに任せとけとか言われると、なかなかよそでって言えないんだよね。

どうしても付き合いが長い場合は、下取りだけ別のところでしたいと素直に話すのも1つの手段です。

ディーラー側としたら、車を乗り換えてくれればいいので下取りを無理に強制する理由はありません。

車買取業者で査定する方が向いている人

ディーラー下取りではなく車買取業者の方が向いている人は、少しでも車を高く売りたい人です。

前述の通り、買取業者の査定額が高いことは周知の事実。

値段が高くなるだけでなく、車を売却するだけでも利用できるのは買取業者のいいところ。

業界に精通している人間から見ても車の売却は買取業者、乗り換えはディーラーが一番ベストな選択です。

少しでも査定額を上げたい人

一括査定サイトのページを見るとよく出ている『ディーラー下取りより16万高く売れた』という売り文句。

これは、本当です。

もちろん車種や車の状態によりますが、下取りと比べて高く売れるのは事実。

管理人
ガリバーとアップルとでもまた値段は変わってくるから、相見積もり大事よ。

古い年式の車や状態が悪いと、数十万円変わるというケースは稀です。

しかし、ある程度いい状態の車なら10万円以上変わる事例はたくさんあります

査定する業者が多いほど値段を比べられますが、依頼しすぎると後々の連絡が大変です。

一括査定 でも、依頼する業者は3社程度に抑えておきましょう。

乗り換え予定がなく、車を手放す人

買取業者の魅力は、値段だけでなく売るだけでもいいところです。

ディーラー下取りだと、車を買い取るだけでは対応してくれません。

しかし、買取業者は車を買い取りする専門。

管理人
車を売るだけでも快く買取してくれるんだ。

車を乗り換えせずに手放すだけの人や、他社で乗り換え予定の人も安心です。

実際僕は、いつも売るのは買取業者で乗り換えはディーラーで使っています。

ディーラーでも買取業者でも査定しない方がいい人

ディーラー、買取業者どちらでも査定しない方がいい人もいます。

厳密に言えば、どちらでも値段がつかないケースです。

事故をした車や動かなくなった故障車は、ディーラーでも買取業者でも値段はつきません。

下手すると、手数料を請求されるケースがあるほどです。

あまり知られていませんが、実は専門業者で査定すれば事故車でも値段をつけることはできます

管理人
事故車や不動車とか廃車専門の買取業者が存在するんだ。

炎上した車や水没など、どう考えても値段がつかない車でも買取保証をつける業者がいます。

詳しくは『事故車や廃車の買取のコツ|どんな車でも値段がつきやすい業者』をご覧ください。

関連記事
事故車や廃車の買取のコツ|どんな車でも値段がつきやすい業者のおすすめランキングあり

事故を起こした状態の車でも、動かなくなってしまった車でも買取は可能です。 依頼する業者によっては、水没車や炎上した車でも値段をつけてくれます ...

続きを見る

車を査定する時におすすめの方法

ディーラー下取りと買取の違いをご紹介しましたが、僕がいろいろ試して一番良かった方法をシェアします。

車を売るのは買取業者、買うのはディーラーが一番損をすることがありません。

ただ、ディーラーは新車が中心なため、中古車を探す場合はガリバーなど中古車販売店へ出向く必要があります。

時間があれば直接お店へ行った方がいいですが、時間と手間がかかるのがデメリット。

ズバット車販売 なら、ネットから提携しているガリバーの担当者に中古車探しを依頼できます。

ネットで欲しい車の条件を指定すれば、電話のやり取りだけで中古車探しが依頼可能。

管理人
まだ市場に出てない非公開車両から探してくれるのが、ズバット車販売のいいところ。
関連
ズバット車販売の口コミや評判|全国の非公開車両から中古車を探せる便利サービス

中古車市場には、まだ市場に出回っていない非公開車両があります。 中古車オークションで売買されたばかりの車が中心です。 は、そんな非公開車両の ...

続きを見る

面倒な方はディーラーで済ませるのが一番ですが、車は金額も大きいので少しでもプラスにしたいですよね。

最近はネットから申し込みもできて簡単ですし、無料で使えます。

車を査定するなら、値段の比較も楽な一括査定がおすすめです。

僕が今まで使った中で一番良かったのは、楽天ポイントがもらえる 楽天カーサービス

車の下取りと買取の違い【まとめ】

車を売る方法には下取りと買取がありますが、査定額を重視するなら買取を利用してください。

先ほどご紹介した金額差を見ても、ディーラーと比べると査定額の差は明らかですよね。

ディーラーだと車を売るだけでは対応してくれませんが、買取業者なら売るだけでもOKです。

一括査定経由からなら、出張査定が基本なので自宅にいながら複数業者の査定価格を比較できます。

目的に合わせて、一括査定サイトを使ってください。

目的から選ぶ一括査定サイト一覧

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

公開したての記事

1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

4

0120221616から電話がめちゃくちゃかかってくるのは、ガリバーからです。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階でかかっ ...

5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-車の乗り換えのコツ
-,

© 2020 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説

更新したばかりの記事とキャンペーン情報
更新情報を見る
新しい記事とお得情報
更新情報を見る