車の乗り換えのコツ

車は何年乗るのが多い?データで見る平均買い替え年数とベストな乗り換えの時期

車を何年乗るかは個人によって変わりますが、日本の平均使用年数は約8年です。

昨今の情勢の影響もあり、年々車の乗り換え年数は長くなってきています。

最近の日本車は品質も高く、普通に乗っても10年近くは使用可能です。

海外では20万kmオーバーの日本車も乗られており、買い替えを急ぐ必要はないかなと思います。

この記事は、車の買い替え年数を寿命や世間の動向調査結果をデータつきでまとめました。

あなたの車の状態別で車を最大限高く売るための秘訣もご紹介します。

統計データで見る車の平均使用年数は8.65年【2019年度】

画像引用:2019年度自動車の平均使用年数(日本自動車検査登録協会)

まずはじめに、日本国内の消費者の自動車平均使用年数のデータから見てみます。

日本自動車検査協会が調査したデータによれば、車の平均使用年数は乗用車で8.65年です。

新車登録から考えると、2回目の車検が終わって3回目の車検に差し掛かる前に乗り換える人が多いことがわかります。

管理人
車検を1年残して乗り換えてる人が多い。

この点に関しては、車検残を1年残しで乗り換えるのは現実的に理にかなっています。

車検期間と査定の関係については、こちらの記事に詳しくまとめたのでご覧くださいね。

関連 車検切れの車でも売れる?車の売却は車検後より車検前がタイミング的にお得!

現金の出費を抑えるために長く乗る人が増えてきている

新車の販売数の落ち込みや高齢化の影響で、年々車を乗り換える人は少なくなっています。

経済情勢が不安定なこともあり、手元に現金を残しておきたいという人が増えているのかもしれません。

車の購入は現金払いが一番安いので、1台買うと結構な額の出費となります。

ローンを組むにしろ、頭金がないとうまくやりくりができないですよね。

管理人
最近は、個人向けカーリースの需要が高くなってきてるよ。

カーリースはもともと法人向けですが、毎月定額で税金や車検代をコミにした個人向けリースが人気です。

税金や車検代の出費を気にしなくていいので、今の時代に合った買い方と言えますね。

個人向けマイカーリースのおすすめ業者を比較|各社のメリット・デメリットを全て解説

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

続きを見る

新車はリセールバリューが高いので5年くらいなら高く売れやすい

車にはリセールバリューという言葉があります。

簡単に言えば再販価値のことで、売却する時にどれくらい価値がつきやすいかという指標の1つです。

新車は中古車と比べてリセールバリューが高いため、乗り換えする時に下取り額が高くなります。

5年乗っても、それなりの下取りを期待できるのが新車の強みです。

管理人
車種によっても高い車と安い車があるよ。

SUVなど人気車種は値落ちが少なく、年式が古くてもいい値段がつきやすい傾向にあります。

軽自動車も同様に古くても需要があるので、比較的値段はつきやすいです。

中古車は安く買って定期的に乗り換えやすい

日本車は品質が高く耐久性もあるため、10年以上経っても乗ることはできます。

中古車で5年落ちで買っても、まだ5年は問題ありません。

反対に、安く買って定期的に乗り換えられるのも中古車ならではの魅力。

管理人
購入時の値段が安いから、初めて買う時にはいいよね。

トヨタのCMでもあるように、車は10年先の未来を買うものです。

あえて3年・5年先を買うというのも1つの選択肢としてアリですよね。

僕自身も結婚するまでは、中古車を何台も乗り継いでいました。

車の寿命を耐用年数と走行距離で調べてみた

車の寿命というのは、厳密には決まっていません。

乗り方やメンテナンス次第で左右されるため、5年になることもあれば10年以上もつこともあります。

法律や決まりごとの関係も交えながら、車の寿命について調べてみました。

車の部品の保守期間は生産終了後8年間

車もパソコンや家電のように部品の保守期間が決められており、一定の期間を過ぎると修理もできなくなります。

部品の保守期間が過ぎると、該当車種の部品の生産が終わってしまうのです。

つまり、車が故障しても部品の供給ができないため修理ができません

管理人
通常は車の生産終了から8年だけど、車種によるんだ。

スカイラインやシルビアなど、年式が古くても人気がある車などは例外もあります。

ヴィッツとか大衆車なら、通常は保守期間が終わると部品の供給ができません。

実質的に寿命と言えますが、生産終了から8年なので普通なら20年以上は乗れる計算ですね。

経理上の車の耐用年数は新車で6年

経理上では車は固定資産として登録し、減価償却という形で経費に計上します。

車の法定耐用年数は新車で6年となっており、6年間はもつものと規定されています。

管理人
国が定めた法定耐用年数は6年だけど、それ以上乗れるよね。

あくまで6年間は壊れるものではないという指標なので、完全な寿命とは言えません。

6年経てば故障しても仕方ないという考え方が妥当です。

走行距離で見る耐用年数は日頃のメンテナンス次第

乗り方やメンテナンスの回数によって変わるため、走行距離で車の寿命は測れません。

ただ、平均して10万km乗っても日本車なら壊れることは少ないと言えます。

輸入車はバラつきがありますが、日本車は10万km程度で壊れることはほとんどありません。

10年10万kmを目安に大きな部品交換の時期がくる

10万km走ったから故障するというわけではなく、10万kmはタイミングベルトの交換時期と重なります。

全ての車種が10万kmで交換になるわけではありません。

スポーツカーなど高回転域で走ることが多い車種は、10万kmより早いタイミングで交換が必要です。

管理人
ホンダのビートは5万kmくらいで切れてしまった事例があるらしい。

タイミングベルトの交換費用は4〜5万くらいが相場ですが、他の部品交換が必要になるケースがあります。

ウォーターポンプやエンジン周りの部品交換を合わせると、8万円近くかかることも。

修理代を考えて、タイミングベルト交換時が1つの寿命と区切る人は多いですね。

海外では20万km以上乗ることが多い

日本では10万km走るとよく走ったなーとなりますが、海外は違います。

マレーシアや中近東など、海外では20万km以上乗ることが普通です。

しかも、乗っている車のほとんどは日本車。

管理人
カローラやヴィッツ、ハイエースとか多いよね。

日本から輸出されていることも多く、10万km以上走った車でもそれなりの金額で取引されています。

廃車買取業者では、普通では値段がつかないような車でも海外輸出ルートを持っているため、高く売れるわけです。

極端に古い車や動かないような車は、廃車を専門に買取する業者で依頼すれば値段をつけることができます。

関連 事故車や廃車買取に強い業者の比較とおすすめランキング

車を買い替えるベストなタイミング

車は長年もつことがわかりましたが、次は買い替えのタイミングはいつがいいのか問題。

車を買い換えるいいタイミングはいくつかあるんです。

ここでは、パターン別に車を買い換えるベストなタイミングをご紹介します。

少しでもお得に買い替えができるタイミングを1つずつ詳しく解説していきます。

新車登録から計算するなら5年の車検前(2回目の車検時)

車の平均使用年数は8年弱でしたが、乗っている車の値段を重視するなら早めがおすすめです。

8年乗ると、下取りとして査定した時に買取額が安くなります。

管理人
乗り換えの頭金に充当することも考えると、査定額は大切。

次の車にかかるお金を少しでも捻出するために、査定が高い時期で手放すのもアリです。

車は年式が古くなるほど、査定価格は下がっていきます。

5年が使用年数と査定価格のバランスが一番とれた時期なので、査定価格も考えるならベストなタイミングです。

新型にモデルチェンジする前のタイミング

ディーラーの営業マンとの話や雑誌などで、車のモデルチェンジの情報を聞くことができます。

査定価格が高い時期もありますが、車の価値が下がる一番の要因は型落ちになることです。

管理人
モデルチェンジが一番値下がりするから、手放すならモデルチェンジ前はお得なんだ。

フルモデルとマイナーモデルチェンジがありますが、特にフルモデルチェンジは結構値段が下がります。

車を買う場合はモデルチェンジ前が安く買えるものの、売る場合はモデルチェンジ前が高く売れるのです。

1つ旧型になってしまうと、10万円以上値段が下がるのが普通。

少しでも高い査定額を狙うなら、モデルが変わる前の査定がベストです。

機関系の修理など高額な修理費がかかる時

タイミングベルトもそうですが、車は走れば走るほど故障のリスクは増えます。

大きな機械なので、メンテナンスなしで乗り続けることはできません。

小さな修理なら問題はありませんが、大掛かりな修理になると金額も増えてしまいます。

管理人
エンジンやミッションなど機関系のトラブルは、修理代が高いから注意。

1箇所だけの交換ではなく、周囲のパーツも交換対象になることが多いためです。

以前僕も乗っていたBMWがオイル漏れから、ミッションもやばくなると言われて泣く泣く乗り換えました。

2万円以上かかる修理が複数ある場合は、乗り換えた方が結果として安く抑えられることが多いです。

自動車税が増税対象になる前(初度登録から13年)

環境へいい車の乗り換えを促進させるため、車は13年を超えると自動車税が増税されます。

増税額は通常の税金+15%で、車の排気量が大きいほど金額は増えるので注意が必要です。

大衆車の1500ccクラスで比較しても、年間6000円の増税となります。

管理人
ただし、電気自動車やハイブリッドカーは除外されるよ。

現時点で環境にいいとされる車は、増税の対象とはなりません。

税金が高くなるのは毎年ですし、13年を越えれば修理や故障のリスクも増えてきます。

10年を超えると買取業者では値段がつかないことが多いので、 廃車買取.com のような専門業者に依頼してください。

値段がつかなくても自動車税と重量税の還付があってお得です。

>> 【無料】廃車買取.comを試してみる

【車の状態別】中古車をより高く売るコツ

車の状態別に、中古車をより高く売るコツをご紹介します。

走行距離や年式によって最適な車の売却先は変わるので、3つのパターンでおすすめの方法をまとめました。

年間5000km未満・登録から3年以内→乗り換え先の業者で売却

年間5000kmなど走行距離が少なく、状態のいい車の場合はどの業者で査定してもいい値段が期待できます。

一括査定のようなサービスで競合させてもいいですが、ディーラー下取りでも問題ありません。

管理人
値段の比較のために何社か依頼してもOK。

次に乗り換える車が決まっているなら、まずは車を買う場所で査定してみてください。

金額に納得がいかなければ 一括査定 を使って、他の業者でも査定してみましょう。

ディーラーだと、車両値引きで対応しきれない分を下取り車の値引きで安くしてくれるところが多いです。

年間2万km以内・登録から10年以内→車買取業者で売却

よほど状態がいい車でない限りは、ガリバーなどの買取業者の査定が一番高くなります。

ディーラーと違って車を買い取る専門なので、買取した車の再販力も強いんです。

管理人
2〜3社くらいの業者で査定価格を比べたら、損することはない。

1社だけに任せてしまうと、本当に妥当な金額かどうかがわかりません。

最低でも2社で査定しておけば、査定価格が安いかどうかはすぐわかりますよね。

業者も少しでも安く買い取りたいと考えているため、相見積もりは必須です。

いくつも業者をまわるのは時間的に面倒なので、出張査定してもらえる一括査定サイトを使いましょう。

一番のおすすめは カーセンサー ですが、サイトの選び方や注意点について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連 【元査定士監修】プロが選ぶ車一括査定サイトのおすすめランキング|比較・注意点あり

年間3万km〜・12年落ち以上の車→廃車買取業者で売却

極端に走行距離が多かったり、年式が古い車は一括査定サイトでも値段は期待できません。

ディーラーとかだと値段がつかないので、手数料を0円にして買い取るというのが通例。

しかし、専門の業者に依頼すれば値段がつかないケースは少ないです。

管理人
税金の還付とかいれたら、だいたい値段つくことが多いよ。

過走行や古い車だけでなく、動かなくなった車でも買取対象になります。

これは絶対値段つかないだろうという車なら、一度相談してみてください。

事故車や廃車の買取のコツ|どんな車でも値段がつきやすい業者のおすすめランキングあり

事故を起こした状態の車でも、動かなくなってしまった車でも買取は可能です。 依頼する業者によっては、水没車や炎上した車でも値段をつけてくれます ...

続きを見る

車の買い替え年数とタイミング【まとめ】

車の買い替え年数は人それぞれですが、一般的な目安としては5年〜8年です。

値段がつかないだろうと思っているような車でも、依頼する業者を知っていれば値段はつけられます。

どんな状態の車でもこちら側がお金を支払う必要はありません。

事故車や動かない車以外なら 一括査定 、絶対売れそうにないという車なら 廃車買取.com を試してみてください。

少しでも買い替えのお金の足しにして、賢く乗り換えをしましょう。

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

公開したての記事

1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

4

0120221616から電話がめちゃくちゃかかってくるのは、ガリバーからです。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階でかかっ ...

5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-車の乗り換えのコツ

© 2020 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説

更新したばかりの記事とキャンペーン情報
更新情報を見る
新しい記事とお得情報
更新情報を見る