新型ノートのグレードや色の違い

新車のグレード情報

【2020年フルモデルチェンジ】新型ノートのグレード比較や装備の違い

ノートが2020年12月にフルモデルチェンジとなりました。

待望のフルモデルチェンジで、外装・内装共に刷新されています。

正直、今回のモデルチェンジは当たりだと思いました。

この記事では、2020年にフルモデルチェンジされた新型ノートの値段比較やグレードごとの装備の違いをまとめています。

安全装備や車体色、値引きに関する情報までノート検討中の方には参考になるはずです。

動画でも解説していますので、動画の場合はこちらをご覧ください。

ノートのパワートレインと主要諸元

新型ノートの主要諸元

E13型の新型ノートはガソリン設定がなくなり、e-Powerだけとなりました。

搭載されるエンジンは1.2L DOHC直列3気筒の82馬力、モーターの出力と合わせると116馬力です。

燃費はリッター34.8km〜となっています。

管理人
ガソリン設定がなくなったことで、値段帯は高め。

モーターの出力が大きいため、1.2Lと低排気量ながら同クラスのコンパクトカーよりスペックは高いです。

新型ノートのグレード展開と価格

新型ノートのグレードはF、S、Xの3つとなっており、Fは法人向けのモデルとなっています。

Sが実質的なベースモデル、Xが上位モデルという位置付けです。

AUTECHと福祉車両である助手席回転シートのグレード設定もあります。

発表当初は4WDの設定はありませんでしたが、現在は4WDも追加されました。

エントリーモデルS:2,029,500円〜

新型ノートS

Sはエントリーモデルでありながら、基本的な装備は標準となっています。

ハロゲンヘッドランプは全グレード標準なので、上位グレードでも変わりません。

予算を抑えてノートに乗りたい場合は、Sでも十分と言えます。

法人向けモデルF:2,054,800円〜

新型ノートF

Fは法人向けモデルとなっていますが、法人仕様のわりに装備面は優秀です。

プライバシーガラスなど、一般的なエントリーモデル以上の装備は付いています。

ただ、LEDランプやアラウンドビューモニターなどオプションでも付けられない装備があるので注意してください。

上位モデルX:2,186,800円〜

新型ノートX

Xの1番の特徴は他の2グレードと違い、ボディーカラーのバリエーションが増えるところです。

他のグレードにはないツートンカラーが追加され、合計12色から選べるようになります。

インテリジェントキーやドライブアシストディスプレイなど、上位グレード向けの機能も標準装備です。

カスタマイズモデルAUTECH:2,504,700円〜

新型ノートAUTECH

AUTECHは他のグレードとは別枠で、内外装が専用のものとなります。

スポーティなイメージとなっていて、他のグレードにはオプションでも付けることができません。

値段差が50万近くあるため手は出にくいですが、専用デザインなど特別感が得られるモデルと言えます。

ノートのグレードによる金額差

グレード値段値段差
S2,029,500円
F2,054,800円+25,300円
X2,186,800円+157,300円
AUTECH2,504,700円+475,200円
助手席回転シート2,285,800円+256,300円

※Sと比較した値段差

ノートの値段は、ベースモデルのSで202万9500円からです。

Fになるとプラス25300円、Xになるとプラス15万7300円アップとなります。

助手席回転シート搭載車に変えると、プラス25万6300円となります。

Fは法人モデルということもありボディーカラーが5色ですが、グレードによって色が違うんです。

ノートの車体色

  • F→5色
  • S→7色
  • X→12色

Xになると他のグレードには設定がないツートンカラーが追加されます。

詳しいボディーカラーはのちほどご紹介しますが、今すぐ見たい方はここをタップしてください。

ノートのグレードによる装備の違い【内装編】

内装系で全グレードに標準となるのは、下記の6つです。

  1. ドライブモードセレクター
  2. EVモードスイッチ
  3. 車速感応式パワステ
  4. オートエアコン
  5. クリーンフィルター
  6. ハロゲンヘッドランプ

注意しておきたいのは、LEDランプが全グレード標準で付かないという点です。

管理人
上位グレードのXでもオプションになるんだ。

標準装備が少ないF・S・Xの順で、装備の違いをまとめました。

Fの内装に関する装備

Fに標準となる装備
UVカットガラスインテリジェントオートライト
プライバシーガラス電動格納式ドアミラー
ハイビームアシストステアリングスイッチ
電動パーキングブレーキオートブレーキホールド
キーレスUSBソケット
プッシュスターターセンターコンソール
ドライブアシストディスプレイアームレスト
アシストグリップ 

Sの内装に関する装備

SになるとFの装備に加えて、リアワイパーと運転席シートリフターが追加となります。

Sはオプション設定で、下記の装備を選ぶことができます。

Sのオプション装備

  • インテリジェントキー
  • サイドターンランプ付きドアミラー
  • インテリジェントルームミラー
  • アラウンドビューモニター
  • ナビ
  • シートヒーター
  • 本革巻きステアリング

Xの内装に関する装備

XになるとSとFの装備に加えて、さらに7つ増えます。

Xに標準となる装備
(S・Fの装備に追加)
サイドターンランプ付き
ドアミラー
ハンズフリーボタン付き
ドライブアシストディスプレイ
インテリジェントキーシフトベースにピアノブラック
フィニッシャー追加
メッキインナードアハンドルシート地がグラデーション
トリコットに変更
後席シートのリクライニング 

オプション設定で、タイプCのUSBソケット、ワイヤレス充電器、NISSANconnectナビ、本革シート、リアセンターアームレストが選べます。

全グレードにオプション装備となるのは、LEDヘッドランプとアダプティブLEDライトです。

LEDフォグランプとアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラーはFにはオプションでも付けることができません。

ノートのグレードによる装備の違い【外装編】

外装面で全グレード標準となるのは、ルーフスポイラー・カラードドアハンドル・e-powerエンブレム・タイヤ修理キットです。

全グレードにオプション設定で、エクステリアパッケージが選べます。

管理人
エクステリアパッケージは、フロント・サイド・リアにフィニッシャーが付いてエアロフォルムにできるんだ。

外装面の装備はグレードごとに大差なく、違うのはホイールくらいです。

ホイールはFとSが15インチのホイールカバー、Xは16インチのホイールカバーに変わります。

F・S→15インチカバー

X→16インチカバー

Xオプション→16アルミ

Xだけオプションで16インチのアルミホイールに変更することができます。

タイヤ応急修理キットは標準ですが、ジャッキは全グレードオプション設定となります。

ノートの安全装備・先進技術

ノートの安全装備は、全グレード標準装備とグレード別にオプション設定になるものにわかれます。

エアバッグは、全グレードに運転席・助手席・サイドとカーテンエアバッグが標準です。

全グレード標準の安全装備

安全面での全グレード標準装備は、表の通りです。

全グレード標準の安全装備
ヒルスタートアシストインテリジェントFCW
(前方衝突予測警報)
インテリジェント
エマージェンシーブレーキ
LDW
(車線逸脱警報)
踏み間違い防止アシストインテリジェントDA
(ふらつき警報)
標識検知機能インテリジェントLI
(車線逸脱防止支援)
フロント・バックソナーエマージェンシー
ストップシグナル
車両接近通報装置イモビライザー

全方位の安全装備が全グレードに標準となっており、安全面でのレベルは高いと言えます。

ふらつき警報のインテリジェントDAは、他の車種だとオプションになることが多い装備です。

管理人
ノートは全グレードに標準だからすごい。

車両接近通報装置も標準となっており、評価できます。

SとXにオプションで付く安全装備

SとXにオプション設定となるのは後側方衝突防止支援の『インテリジェントBSI』、後側方車両検知警報の『BSW』、後退時車両検知警報の『RCTA』の3つになります。

プロパイロットは日産純正ナビとのナビリンク機能がつきます。

プロパイロットはXにだけオプション設定で付けられる装備で、その他のグレードはオプションでも付けることができません。

ノートの車体色・ボディーカラー

ノートのボディーカラーはグレードによって変わります。

それぞれのグレード別にボディーカラーをまとめました。

Fのボディーカラー

スーパーブラック

ピュアホワイトパール

ブリリアントシルバー

ダークメタルグレー

オーロラフレアブルーパール

Fはブラック、パールホワイト、シルバー、ガンメタ、ブルーパールの5色と基本的なベースカラーがあります。

白系が単色ホワイトではなく、パールホワイトの設定なのは珍しいですね。

Sのボディーカラー

ガーネットレッド

ホワイト

Sになると、単色のレッドとホワイトが追加されます。

Fの5色と追加された2色で、合計7色です。

Xのボディーカラー

バーガンディー

オペラモーブ

プレミアムホライズンオレンジ

オリーブグリーン

ビビッドブルー×スーパーブラックツートン

オペラモーブ×スーパーブラックツートン

XになるとFとSの色に加えて、ワインレッド、ピンク、オレンジ、グリーン、青とブラックのツートン、ピンクとブラックのツートンが追加となります。

合計13色となり、ツートン系カラーはXでないと選べません。

特別塗装色の値段はホワイトパールとブルーパールがプラス38500円、レッドとオレンジがプラス49500円、ツートン系がプラス55000円となっています。

ノートの値引き情報

ノートの値引き情報は毎月変動するので、『日産ノートの最新値引き額と交渉マニュアル』にまとめています。

毎月最新の値引き額をリサーチし、月初に更新中です。

グレードの値段差や装備の違いがわかったら、次は値引き額を参考になさってください。

ノートの競合車種や値引き交渉のコツもあわせて解説しています。

新型ノートのグレードや色の違い
【2020年フルモデルチェンジ】新型ノートのグレード比較や装備の違い

ノートが2020年12月にフルモデルチェンジとなりました。 待望のフルモデルチェンジで、外装・内装共に刷新されています。 正直、今回のモデル ...

続きを見る

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

車を高値で売却するならココ!

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使っても問題ありません。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

楽天カーオークション【電話は1社だけ】

楽天カーオークションの特徴

  • 個人でも使える中古車オークション
  • 一括査定サイトのような電話の嵐がない
  • 買取業者に個人情報が漏れない

楽天カーオークションは、楽天が運営する個人向けの中古車オークションです。

ネット上で公開オークションに無料で出品でき、最初に設定する売り切り価格を越えなければキャンセルもできます。

オークションだけでなく、その後の手続きなども無料で使えてお得です。

管理人
連絡を取るのは楽天の担当者だけだから、電話が鳴りまくる心配がない。

1000を超える買取業者が入札して競りを行うため、値段も上がりやすくなっています。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

ナビクル

ナビクルの特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクルは、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ユーザー評価の高いオートバックスカーズなど、有名どころの業者に依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まぎぺー

ディーラー営業マン経験あり、中古自動車査定士の有資格者です。業界の裏話を交えて書いています。YouTubeでの配信も始めました。Twitterはじめたばかりなので、絡んでいただけると喜びます!

公開したての記事

個人向けカーリース業者の比較とおすすめランキング 1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

主要な車買取業者の比較とおすすめランキング 2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

自分でできる車庫証明の取り方や書き方 3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

ガリバーからの電話の理由と対処法 4

0120221616から電話がめちゃくちゃかかってくるのは、ガリバーからです。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階でかかっ ...

譲渡証明書の書き方と記入時の注意点 5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-新車のグレード情報

© 2021 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説