セレナのグレード

新車の限界値引き額レポートはじめました。随時更新中です!

新車のグレード情報

C27後期セレナの色や装備をグレードごとに調査|内装・外装別に違いを比較

2019年8月にマイナーチェンジとなったC27セレナの装備や値段をグレード別に比較しました。

僕自身もセレナに乗っていますが、購入前は色々と時間がかかりました。

カタログを見てもわかりにくく、グレードを絞るのに時間がかかる始末…。

管理人
そこで、セレナのグレードごとの値段差や装備の違いをまとめてみたよ。

この記事で、セレナのグレードによる違いの概略はわかります。

グレードによってついている装備が細かく違うので、セレナ検討の際はぜひご覧下さい。

セレナのパワートレインとグレード展開

セレナはガソリン仕様とe-power仕様があります。

ガソリン車はスマートシンプルハイブリッドで2LのDOHC直列4気筒、epowerは1.2Lのエンジンにモーターという構成。

e-powerは低排気量ながらモーターの出力が大きいので、走行性能は2Lのガソリン車を大きく上回ります。

セレナのグレードは6種類

セレナのグレード

  1. X
  2. XV
  3. ハイウェイスター
  4. G
  5. ハイウェイスターV
  6. ハイウェイスターG

セレナのグレードは6種類あり、大別してノーマルフォルムとエアロフォルムのハイウェイスターに分けられます。

ベースグレードはXでXV・Gと続きます。

ハイウェイスターはエアロフォルムとなっており、ハイウェイスター・ハイウェイスターV、ハイウェイスターGの3種類です。

管理人
XVとハイウェイスターVにのみ、防水シート車の設定あり。

e-powerもガソリンと同様となっており、オーテックと福祉車両の設定もあります。

セレナの乗車定員は2パターン

セレナは7人乗りと8人乗りが選べます。

ただ、ガソリン車が基本8人乗りでe-powerは7人乗りの設定しかありません。

ガソリン車はG以外は2WDと4WDが選べますが、ガソリンのGとe-powerは2WDのみの設定となっています。

管理人
セレナは8人乗りでも7人乗りに変えることができるんだ。

シートのセンターコンソール部が1列目と2列目でスライドできるため、8人乗りでも7人乗りに変えられるのが人気です。

7人乗りは7人乗りだけですが、8人乗りの場合は7人乗りにもできるんです。

我が家も8人乗りですが、状況によって真ん中シートを移動させて7人乗りでよく使っています。

セレナの価格・値段やグレードによる金額差

セレナの値段は、ガソリンのエントリーモデルXで257万6200円からとなっています。

ノーマルグレード・ハイウェイスター・e-powerに分けて、それぞれのグレード間での値段差を調べました。

セレナノーマルグレードの値段差

セレナX

グレード値段差
X→XV+16万600円
X→G+48万5100円
X→ハイウェイスター+18万2600円
X→ハイウェイスターV+49万3900円
X→e-powerX+42万1300円

ハイウェイスターVへの値段差がかなり大きいですが、装備差を考えてハイウェイスターVを選ぶ人が多数です。

グレードの装備の違いはのちほどご紹介しますが、ベースからになるので金額差は高めと言えます。

セレナハイウェイスターグレードの値段差

 

セレナハイウェイスターV

グレード値段差
ハイウェイスター
→ハイウェイスターV
+31万1300円
ハイウェイスター
→ハイウェイスターV防水
+34万4300円
ハイウェイスター
→ハイウェイスターG
+55万2200円

ベースグレードからハイウェイスターVに変えるのは、ノーマルグレード同様高めです。

ハイウェイスターGは上位グレードになるので、金額差もかなり大きくなっています。

セレナe-powerグレードの値段差

セレナepower

グレード値段差
e-power X
→e-power XV
+22万8800円
e-power X
→e-powerハイウェイスター
+29万5900円
e-power X
→e-powerハイウェイスターV
+58万5200円
e-power X
→e-powerハイウェイスターG
+81万1800円

e-powerの値段差もそれほど変わらず、ハイウェイスターVになると値段はがっつりアップします。

ちなみに、ベースグレードのXからオーテックへの金額差は+64万9000円です。

どのグレードにも共通して言えるのが、人気グレードはハイウェイスターVという点。

ハイウェイスターVの主要装備

  • 2列目シートロングスライド
  • 2列目シート横スライド
  • 両側ハンズフリーPスライドドア

これらの装備はハイウェイスターVに標準となるため、値段は高くてもハイウェイスターVを選ぶ人が多いです。

セレナのグレードによる装備の違い【内装編】

内装面で各グレードごとに標準でついている装備をまとめました。

全グレードに標準となるもの、グレードごとについているものをそれぞれ1つずつご紹介します。

セレナの内装で全グレードに標準となる装備

全グレード標準装備

  • 防眩式ルームミラー
  • 各種収納BOX
  • アシストグリップ
  • 電源ソケット
  • ラゲッジアンダーボックス
  • シートリフター

これらの装備は全グレードに標準でついています。

当たり前ですが、ヘッドレストやシートバックポケットなども標準です。

セレナの内装面でグレードごとに違う装備

本革巻きステアリングはXとXVのみセットオプションで、それ以外は標準装備です。

ステアリングヒーターは全グレードにオプション装備となります。

ステアリングスイッチは標準ですが、XとG・ハイウェイスターはドライブアシストディスプレイ設定・クルーズコントールのみとなります。

管理人
オプションで、オーディオのスイッチをつけることができるよ。

XVはオーディオスイッチも標準装備で、ハイウェイスターVとハイウェイスターGにはさらにプロパイロットのボタンも付きます。

インテリジェントキーとプッシュスターターは全車標準です。

オートエアコンとリアクーラーは全車標準装備ですが、GとハイウェイスターGだけプラズマクラスター仕様となります。

リアヒーターダクトはオプション設定で、オーディオレスの4スピーカーが標準仕様です。

2列目シート前にテーブルが標準で付きますが、XVとハイウェイスターV・Gだけは3列目にもテーブルが標準です。

さらに、USBソケットが2列目・3列目のテーブル横に付きます。

電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドはXVとGにオプション設定、ハイウェイスターVとハイウェイスターGに標準装備です。

シート地はXとXVはトリコット、ハイウェイスターとハイウェイスターVはジャガード、Gは合成皮革のシートとなっています。

管理人
防水シートはガソリン・epower共にXVとハイウェイスターVにオプション設定。

シートバックフックとシートバックポケットはXVとハイウェイスターVだけ8個ついており、その他のグレードは4個となっています。

セレナのグレードによる装備の違い【外装編】

外装面での装備の違いをグレード別にご紹介します。

全グレードに共通する装備と、グレードごとに違う装備に分けてまとめました。

セレナの外装面で全グレードに共通する装備

全グレード標準装備

  • ターンランプ付きドアミラー
  • LEDリアランプ
  • オートライト
  • UVカット、プライバシーガラス
  • メッキドアハンドル
  • ルーフスポイラー
  • メッキバックドアフィニッシャー

キャップレス給油口やデュアルバックドアなどの便利機能も標準となっています。

デュアルバックドアは、狭いところでバックドアを全開しなくていいのでかなり使い勝手がいい装備です。

セレナの外装面でグレードごとに違う装備

XとXV・ハイウェイスターはハロゲンランプが標準仕様ですが、その他のグレードはLEDランプが標準装備となります。

LEDのフォグランプはXVだけオプション設定となり、ハイウェイスターVとGは標準です。

対向車がいてもハイビームを維持できるアダプティブライトはXVにオプション、GとハイウェイスターVに標準装備となります。

管理人
アダプティブライトは自動で光軸調整してくれる便利機能。

e-powerはブルーのグリルやエンブレムが標準で、ハイウェイスターは系はエアロフォルムの外装が標準となります。

スライドドアのオートクローザーは全グレードに標準です。

Xは助手席側のパワースライドドアもオプション設定となっています。

両側のパワースライドドアがつくのは、XVからです。

Gは両側パワースライドドアですが、ハンズフリー機能はありません。

ハイウェイスターはハンズフリーの両側パワースライドドアがオプション、ハイウェイスターVとハイウェイスターGは両側ハンズフリーパワースライドドアが標準となります。

管理人
ハンズフリードアは、足元のセンサーでドアオープンできるよ。

アルミホイールはハイウェイスターGが16インチG以外のepowerは専用の15インチアルミ、ガソリンのG ・ハイウェイスター・ハイウェイスターVは15インチアルミになります。

ガソリンのXとXVはホイールカバーが標準になります。

全車スペアタイヤはなく、タイヤの応急修理キットがつきます。

セレナの安全装備・先進技術

セレナの安全装備は全方位で、合計9個の安全装備がついています。

セレナの安全装備

  • 先進ライト(ハイビームアシスト)
  • 踏み間違い防止アシスト
  • インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
  • インテリジェントLI・LDW(車線逸脱防止)
  • インテリジェントBSI・BSW(後側方衝突防止支援)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントDA(ふらつき警報)
  • 標識検知機能

プロパイロットはXには設定がなく、XVとGにオプション、ハイウェイスターVとハイウェイスターGには標準装備となります。

管理人
旧モデルは全グレードオプションだったけど、今はグレードで標準装備になってるんだ。

クルーズコントロールは全車に標準です。

インテリジェントDA(ふらつき警報)とカーテンエアバッグはXV・G・ハイウェイスターV・ハイウェイスターGにオプションとなります。

セレナの車体色・ボディーカラー

ツートン単色
パール×黒オレンジ
オレンジ×黒レッド
レッド×黒パール
ガンメタ×黒ブルー
 ガンメタ
 シルバー
 茶色
 黒パール
 ベージュ

セレナの車体色は、ツートンカラーと単色があります。

色は表の通りで、赤字の3色以外は全て特別塗装色です。

特別塗装色の値段差

  • ツートン系→+7万7000円
  • 単色系→+4万4000円

小傷の自動再生を可能にするスクラッチシールドは全ての色に対応しています。

セレナのおすすめのグレード

セレナのおすすめグレードは、ガソリン・e-power問わずハイウェイスターVです。

ハイウェイスターVが人気で需要のある装備がほとんどついています。

ハイウェイスターVの主要装備

  • LEDランプ、LEDフォグ
  • プロパイロット
  • 2列目ロングスライド
  • 2列目横スライド
  • ハンズフリーPスライドドア

他のグレードだとオプション設定になるものが、標準でついてきます。

セレナの中でも1番の売れ筋グレードであり、装備面も手厚いところが魅力です。

中古車としてのリセールバリューも高いので、選ぶならハイウェイスターVがおすすめです。

ちなみに、僕もハイウェイスターVに乗っています。

セレナの色やグレード・装備【まとめ】

セレナは若い人からファミリー層まで幅広く使える万能なミニバンです。

2L以下ということもあり、税金関係の維持費も安いところが人気の理由ですね。

ハイウェイスターVはエントリーモデルから見れば値段が高いですが、長く乗るなら選んでおきたいところです。

収納や8人・7人乗り両方対応など、乗りやすい設計がたくさんあります。

少しでも安く買うなら、値引きも意識して商談してください。

今月の最新値引き額や交渉のコツは、『新型セレナの限界値引きマニュアル』にまとめてあります。

ぜひ参考になさって下さい。

日産セレナの新車値引き情報
【毎月更新】新型セレナの限界値引きマニュアル|相場やリセールバリューの高いグレード

最終更新日:2020年11月6日 セレナを買おうと思った時に一番気になるのが値引き額です。 モデルチェンジ直後など値引きが渋い時期をのぞいて ...

続きを見る

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

公開したての記事

個人向けカーリース業者の比較とおすすめランキング 1

最近人気のサブスク系サービス。 車も同様に、月々定額で支払う方が増えてきています。 月々定額で新車を乗るときに出てくるキーワードが、カーリー ...

主要な車買取業者の比較とおすすめランキング 2

ガリバーをはじめとする車買取業者は、小さいところも含めると全国に数千以上あります。 全ての業者に査定を依頼できればいいですが、現実問題は難し ...

自分でできる車庫証明の取り方や書き方 3

車庫証明と聞くと難しそうなイメージがありますが、実は誰でも申請できるものです。 やり方さえわかっていれば自分でできるので、車を買う時の諸費用 ...

ガリバーからの電話の理由と対処法 4

0120221616から電話がめちゃくちゃかかってくるのは、ガリバーからです。 車の査定や中古車探しをネットから申し込むと、早い段階でかかっ ...

譲渡証明書の書き方と記入時の注意点 5

譲渡証明書は、車を売却する時に必ず必要になる書類の1つです。 通常は買取業者が用意してくれるものですが、個人売買や自分でやる時は自分でする必 ...

-新車のグレード情報

© 2020 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説