車買取で傷や凹みが査定金額に与える影響

https://oldcar.jp

新車の限界値引き額レポートはじめました。随時更新中です!

車の査定に関する裏情報

擦り傷ならキズだらけでもOK?車査定時に傷やへこみが金額に与える影響

車を査定するときに気になるのが、傷やへこみの影響。

長年乗っていたら、多少の傷やへこみがついてしまうのは仕方ありません。

結論から言うと、車に傷やへこみがあってもわざわざ直さない方がいいです。

修理にかかった金額分がプラスになることはなく、結果として損をしてしまいます。

この記事は、車を査定する時の傷やへこみの影響についてまとめました。

傷やへこみの種類による違いや査定前にしておきたい準備もご紹介します。

車査定時に傷と変色やシール跡の減額は同じ

車査定時の傷による減点基準

画像引用:一般財団法人日本自動車査定協会 加減点基準の組み立て2頁

傷で査定時のマイナスはありますが、実は傷と変色などの減額は変わりません。

査定協会が定めた基準によれば、傷も変色もシール跡も全て減額は同じです。

管理人
変色と傷の減点が一緒って知らない人は多いはず。

つまり、車についた傷はそこまで心配する必要がないということです。

大サイズのA4以上であっても、減額は3万円なので修理代のことを考えれば安いですよね。

ついてあたり前の傷は減額されない

中古車という特性上、車庫で保管しておくだけでも車に傷はついてしまいます。

まして、毎日乗っているなら新車のまま無傷ということはあり得ません。

そのため、査定協会でも経年劣化や通常の使用でつくレベルの傷は減額にはしないようにしています。

管理人
洗車傷とかも減点対象にはならないよ。

判断基準は難しいですが、自然につくものなら減額されることはないと考えてOKです。

細かい傷などを全て減点していたら、車の価値が無くなってしまいますよね。

10円パンチや爪に引っかかる傷は減額される

洗車傷や経年劣化による傷は、仕方ないものとして処理してくれます。

ただ、目立つ傷は減額対象です。

管理人
10円パンチとか明らかにわかる傷は減点されてしまうんだ。

傷による減額は傷の深さよりも、広さや範囲で決まります。

減点される傷の範囲

  • 減点小 → 1cm以上
  • 減点中 → カードサイズ以上
  • 減点大 → A4サイズ以上

基本が1cm以上、その上はカードサイズが基準になるため、普通についた傷ではないことがわかりますよね。

傷のサイズが大きければ大きいほど、減額が増えます。

車の傷に関する査定基準と減額

車の傷に関する査定基準と減額

車の傷で減額となる金額は、前述の通り傷の範囲によって変わってきます。

それぞれの範囲による減額の違いを調べてみました。

全体的に洗車傷や目立たない小傷しかない場合は、加点対象となり4万円のプラスで評価されます。

薄い擦り傷や水垢などがある時は、みがき減点として5000円のマイナスです。

【減額なし】爪に引っかからない擦り傷や経年劣化によるもの

車を全体的に見て、傷や汚れが少ない時は減点対象とはなりません。

ただ、ほとんどの車は水垢や洗車傷があるため、5000円のみがき減点は取られることが多いです。

みがき減点を取られるケース

  • 爪の引っかからない擦り傷
  • 水垢汚れ
  • タールの付着

目立つ傷がなく車の状態に自信がある方は、査定前に洗車をしておくとプラス加点になりやすいです。

上記の傷や汚れがある時は、洗車せずに査定に臨んだ方が減額は抑えられます。

判断基準は、爪に引っかかる傷がどれくらいあるかです。

【減額小】爪に引っかかる目で見てわかるほどの傷

減点小のパターン

  • カードサイズ未満 → 1万円
  • A4サイズ未満 → 2万円
  • A4サイズ以上 → 3万円

傷を触って爪に引っかかるレベルであれば、減点対象となります。

傷のレベルについては査定士でなくてもわかるので、実際に手で触ってみてください。

管理人
目をつむって、少し爪を立ててみて引っかかればアウトのレベル。

爪に引っかかる傷がどのくらいあるかで、査定前に洗車をするかどうかを決めましょう。

減点になるレベルの傷がたくさんあるなら、あえて洗車はしない方が得策です。

カードサイズ未満の大きさの場合は、それほど気にする減点はありません。

【減額中】さびや変色、シールのはがし跡でついた傷

減点中のパターン

  • カードサイズ未満 → 1万円
  • A4サイズ未満 → 2万円
  • A4サイズ以上 → 3万円

さびや変色、シールのはがし跡なども減点の少ない傷と金額は変わりません。

このパターンでついた傷やダメージは、修理しようと思うと自分ではできないですよね。

管理人
万が一ある場合は、修理せずそのままにしておく方がいい!

カードサイズ未満の傷でも修理代は数万円かかりますが、直した金額の元が取れないためです。

ボディのさびは放置しておくと塗装にダメージがあるため、タッチアップなど簡易的な補修に留めておきましょう。

完全にきれいにしても、査定の時に修理跡として減額されてしまいます。

【減額大】板金修理や交換を伴う傷やへこみ

板金や交換を伴う傷による減額

画像引用:一般財団法人日本自動車査定協会 加減点基準の組み立て2頁

傷より損傷がひどいと判断されるのが、へこみです。

へこみは簡単に修理できず、再塗装など修理に時間がかかり金額も増えます。

小さい1カ所だけの板金では対応できないことも多く、継ぎ目を目立たなくするためにドア1枚になってしまうことも。

管理人
どれだけきれいに直しても、査定士の目はごまかせないからね。

板金だけならまだ減額は少ないですが、交換になると減額も増えます。

交換が必要と判断されてしまうと、減額は7万円。

対策は難しいですが、さびなどと同様に修理はしないようにしましょう。

車の査定時にへこみは減額が大きくなる

へこみによる減額は、平均3万円です。

1カ所3万円と聞くとそんなに高くないかなと思ってしまいがちですが、修理すると3万円ではおさまりません。

パネルごとの板金になれば、最低でも5万円以上は必要です。

傷は状態によって自分で直すこともできますが、へこみは業者に依頼しないとできません。

減額が大きいからと言って修理しても、結局修理跡として減額されてしまいます。

へこんだ現状とへこみを直した跡、どちらも減額されるので注意が必要です。

【減額小】目視でわかるへこみや波状の修理跡

修理前のへこみ減点

  • カードサイズ未満 → 1万円
  • A4サイズ未満 → 3万円
  • A4サイズ以上 → 5万円

誰が見てもわかるレベルのへこみは、もちろん減点対象です。

修理する前のへこみは、傷と同じく3種類の範囲で決められています。

傷の減点と違うのは金額で、範囲が広くなるほど傷より減額は増えるのです。

管理人
傷より修理代かかるから、その分減額も大きいよ。

へこみは板金修理した後でも、プロが見ればその場所は特定できます。

直したところにできる波状の修理跡も、見栄えが悪いことから減点対象に。

波状の修理跡は3〜5万円の減額となります。

修理していても、直し方によっては減点となってしまうのです。

【減額大】板金修理の範囲が半分を超えると交換減点となる

板金はスポット的にすることもできますが、範囲が広いと交換になります。

ドアの半分を板金するなら、交換した方が仕上がりも早く安いためです。

交換するときれいなので減点されないかと思いがちですが、実は交換の方が減額は増えます。

管理人
交換すると、減額は7万円になってしまうんだ。

へこみは直さず、そのまま査定した方が減額は少なくなります。

車を査定する前に修理はしないことが鉄則

車を査定する前に修理しない

車は、査定前に修理しない方が減額は安く抑えられます。

自分で判断できない場合は、そのまま査定する方が無難です。

修理してしまうと、かかった修理代の元が取れないケースが大半。

そのため、査定前の修理は極力やめておきましょう。

修理する時間と手間も無駄になってしまったら、ショックですよね。

自分で完全に消せる程度の傷なら修理してもOK

唯一の例外は、自分で完全にきれいにできる傷です。

コンパウンドなどでわからないように消せる傷なら、消しておきたいところ。

査定士も小さな傷に目くじらを立てて調べることはしません。

フレーム部や修復歴など、車の価値に直結するところを重点的に見ます。

管理人
完全に消える傷なら、自分で直してOK。

跡が残ってしまうような場合は、触らない方がいいでしょう。

僕が普段からやっている傷のリペア方法をご紹介します。

自分で車の傷をリペアする方法

爪に引っかかる傷でも、傷によっては自分で直すことはできます。

リペアグッズもオートバックスやアマゾンなどで買えるので、万が一の時用に常備しておいてもいいですね。

傷のリペアグッズ

  • 粗目のコンパウンド
  • 極細のコンパウンド
  • 塗り込み用スポンジ
  • 仕上げ用クロス

粗目のコンパウンド、極細のコンパウンド、スポンジ、拭き取りクロスの4つを用意します。

スポンジはコンパウンドとセットでついているもので大丈夫です。

拭き取りクロスはできればタオルではなく、傷つき防止のために目の細かい拭き取り専用のクロスを使用してください。

管理人
粗目のコンパウンド→極細→拭き取りの流れで少しずつやるといいよ。

コンパウンドはボディーの塗装を削るため、やりすぎると色がぼやけてしまいます。

リペア後はツヤ出しのために、コーティングをかけておきましょう。

ポリラックは中古車でも使える簡易コーティング剤で、施工も簡単なのでおすすめです。

お店で修理するレベルの傷やへこみはそのままにしておく

自分でできるレベルならリペアしても問題ありませんが、自分で手に負えない場合はそのままにしておくべきです。

お店や業者に依頼すると、結構な金額がかかります。

しかし、かかった修理費用よりも査定時の減額の方が大きいのです。

わざわざきれいにしても、査定の時マイナスになっていたら意味がないですよね。

事故で破損がひどい場合は直さざるを得ませんが、車を売る前についたものならそのままにしておきましょう。

管理人
事故で大破した車は専門の業者なら、値段つく可能性があるよ。

事故車や廃車だけを専門に買取してくれる業者があるので、状態がひどい場合は相談してみてください。

要ブックマーク 事故車や廃車の買取のコツ|どんな車でも値段がつきやすい業者のおすすめランキングあり

事故車や廃車の買取のコツと高く売れるおすすめ業者
事故車や廃車の買取のコツ|どんな車でも値段がつきやすい業者のおすすめランキングあり

事故を起こした状態の車でも、動かなくなってしまった車でも買取は可能です。 依頼する業者によっては、水没車や炎上した車でも値段をつけてくれます ...

続きを見る

車の査定前に傷やへこみよりも気にしておきたい箇所

傷やへこみについては、特に直さずそのまま査定した方が得です。

それよりも査定前の準備として、傷やへこみより気にするべき箇所があります。

自分でもできる査定アップのコツは、車内の掃除です。

内装は査定士が見て判断するだけなので、素人が見た印象とそれほど変わりません。

パッと見て汚れがあったりすると、それだけで減額になるケースが多いのです。

査定基準から、特に査定アップに効果がありそうな箇所をピックアップしてご紹介します。

車の査定時に内装で減点になる項目

画像引用:一般財団法人日本自動車査定協会 加減点基準の組み立て14頁

ペットの毛やシール跡・臭いは、努力次第できれいにすることができます。

焦げ跡やヤニなどどうしようもないものをのぞいて、全体的に内装を掃除しておくだけでも評価は上げやすいのです。

掃除機と拭き掃除だけでも効果は期待できるので、今からでも試してみてくださいね。

車査定時の傷やへこみの影響【まとめ】

車を査定するときに傷やへこみはないに越したことはありません。

しかし、長く乗っている以上は傷やへこみがゼロというわけにはいかないですよね。

全てに共通して言えるのは、査定する前にわざわざ傷やへこみを直す必要はないということ。

査定前に必要なことは、内装をきれいにするだけで十分です。

ディーラーや買取業者によって独自の査定基準を設けているところがあります。

傷やへこみについても業者で少し変わるため、念のため2〜3社くらいで査定しておくと確実です。

一括査定 なら、1回の査定申し込みで2社以上の業者に査定を依頼できます。

無料で売却予定がなくても使えるので、試してみてくださいね。

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

\1Clickで記事の感想を伝えられます/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-車の査定に関する裏情報
-

© 2020 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説