おすすめ車種

高齢者に優しい乗り降りしやすい車の選び方|乗降性で選ぶべき

高齢者にとって、車の乗り降りは僕たちが思う以上に重労働です。

足や腰が痛いお年寄りは、立ったり座ったりする当たり前の動きをするだけでも負担になります。

うちにも80代後半のおばあちゃんがいますが、最近は車に乗せてあげるのにもかなり気を遣います。

今まで普通に乗れていたのに、年を重ねるごとに足腰が弱くなってきて動くのが辛いと言っていました。

この記事では、実際に私のおばあちゃんの体験をもとにお年寄りでも乗り降りしやすい車の選び方をご紹介します。

おすすめ車種は別記事にまとめてありますので、こちらからご覧ください。

関連 【軽からSUV・外車まで】高齢者を乗せるのにおすすめの車8選

70歳以上の高齢者は車を運転させない方がいい

個人的には、70歳を超えた高齢者の運転はやめてほしいです。

世間でも高齢者の運転する車の事故の報道が増えてきています。

ニュースを見ていても、70歳以上の方が事故を起こしていることが多いですよね。

管理人
自分の不注意で孫を死なせてしまうとか、辛すぎる。

一番かわいがっている祖父が、孫を巻き込んでしまう事故も起きています。

23日午後5時35分ごろ、青森県八戸市市川町の市道で、近くの会社員山本芳治さん(60)運転の乗用車が孫の保育園児柚樹(ゆずき)ちゃん(4)をひいた。柚樹ちゃんは病院に運ばれたが、肝臓が破裂し、約2時間半後に死亡が確認された。

 青森県警によると、山本さんは、柚樹ちゃんを保育園に迎えに行き、帰る途中だった。柚樹ちゃんと同乗者が公園に寄るため、市道脇に停車して左の後部ドアから降りた際、柚樹ちゃんが転倒。山本さんはそのまま発進し、車の左後輪でひいたという。

引用:朝日新聞

万が一、自分の家族に同じことが起きたらと思うと、想像するのも怖いです。

危険なサイン

  • こすったり、ぶつかることが増えた
  • 視力が落ちてきた
  • 眠気を感じることが多い

どうしても車がないと生活できない環境以外なら、免許を返納するのも選択肢です。

都道府県によって違いますが、バスやタクシー・レジャー施設が割引になったりします。

警察庁(免許の自主返納制度について)

高齢者にも乗り降りしやすい車選びのポイント

高齢者が乗り降りしやすい車にあると嬉しい装備や条件は6つ。

全てなくても問題ありませんが、あればあるほどお年寄りには優しい車と言えます。

高齢者が乗りやすい車の特徴

  1. 低床フロアでステップが低い
  2. シート位置が低すぎない
  3. 乗り降り口が広い
  4. 室内高が高い
  5. 乗り降り時につかめる取っ手がある
  6. 電動スライドドアがついている

これらを満たしたおすすめ車種は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事
【軽からSUV・外車まで】高齢者を乗せるのにおすすめの車8選

高齢者は足が悪く、車の乗り降りが苦手な人が多いです。 うちのおばあちゃんは家から出るのさえ面倒に思うほどで、一緒に墓参りへ行くのも一苦労。 ...

続きを見る

①低床フロアで乗り降りする時のステップ位置が低い車

どんな元気なおばあちゃん、おじいちゃんであっても乗り降り口が低いことは何よりも正義です。

お年寄りでなくても、ステップが低い方が乗りやすいですよね。

それが、高齢者ならなおさらです。

管理人
スポーツカーは低いけど、降りる時よいしょってなるよね。

ただ低いだけではダメで、乗車位置の高さも重要なポイントです。

②シートの座面が高く、腰が沈まない車

車に乗り込んだ時のシートの高さも重要です。

座面が沈み込むと、腰への負担が大きくなります。

管理人
乗り込んでから重心が低くなる車は、降りにくいからね。

座ったり立ったりする動作は、高齢者にはかなり負担になります。

特に腰の弱いおばあちゃんやおじいちゃんの場合は、シート位置の高さも考えてあげましょう。

③ドアの開口間口が広い車

画像引用:ダイハツタント車種情報

ドアを開けた時の広さが狭いと、乗り降りする時に腰を曲げなければいけません。

お年寄りには、ドアを開けた時に広々した空間がとれる車が適しています。

昔乗っていたBMWのワゴンは、おばあちゃんが乗りにくかったと話していました。

管理人
乗った時に沈むし、ドアの間口も狭かった。。

最近の車は改善されているものが多いですが、少し前の車の場合は注意が必要です。

高齢者に不向きな車

セダン、ステーションワゴン、昔の軽自動車、スポーツカー

昔の軽自動車は最近の車に比べて、車高が低めに作られています。

年式の古い軽自動車も、お年寄りにとっては乗り降りがしづらいので避けましょう。

④車に乗り込む時に腰曲げしなくてもいい室内が高い車

高齢者が乗り降りしやすい車の条件は、乗り降り口のステップの高さだけではありません。

車内に乗り込んでからの室内の高さも気にしておきたいポイントです。

室内高が高い車はしゃがむ必要がないため、腰曲げが少なくて楽。

乗り込む時や乗った後、座るまでの動作全てが高齢者の方にとっては重労働です。

管理人
乗ってからしゃがまなくていいのは楽って言ってたよ。

お年寄りの平均身長150cmくらいとすると、室内高130cmあれば楽に乗れます。

アルファードなどの大型ミニバンになってくると、室内高は1.6mもありますが、そこまでなくてもいいかなと言う感じもしますね。

⑤アシストグリップがある車

画像引用:トヨタルーミー車種情報

お年寄りが乗る車には、後部座席へ乗り込む時につかめる取っ手(アシストグリップ)があると便利です。

ステップを上がった時の体の支えにもなる足の負担を大きく減らしてくれる嬉しい装備です。

お年寄りだけでなく、小さい子供の乗り降り時も便利。

管理人
車についてない場合は、『車の乗り降り時にあると嬉しいグッズ』で代用できます。

車って不思議と乗った後につかまったりできる手すりやフックのようなものがついていない車種が多いです。

座っている時には天井あたりに持っておく手すりどんな車でもついています。

でも、わざわざ車に乗る時にあの場所のフックに手をかけることはないですよね。

そういった意味でも乗り降りする場所に取っ手があると、高齢者にはかなり喜ばれます。

⑥電動スライドドアが付いている車

高齢者にとって車のドアの開け閉めも大変な作業です。

我が家でも、よっこいしょと声を出してドアを閉めている光景をよく見かけます。

声を出してすると言うことは、何か勢い付けてしているということです。

決して楽にできているというわけではないんですね。

管理人
電動スライドドアだと、ボタン押すだけだからお年寄りでも楽ちん。

ボタンを押すだけですし、運転席から開け閉めしてあげることもできて便利です。

高齢者の車の乗り降りにSUVは不向き

SUVというと、若者に人気がありますが、高齢者には乗りにくい車種です。

乗り降りするたびに時間がかかりますし、車高があって乗りにくいのがお年寄りの本音。

管理人
足を上げる必要がある車は、どうしても億劫になるみたい。

SUVは座面はもちろん、車に乗り込む時に足を上げないといけません。

長距離移動なら問題ありませんが、日常使いや買い物の場面では使いにくい車種です。

車椅子やパーキンソン病の方はウェルキャブが便利

高齢者と一言で言っても、元気で加齢による体力低下の老人もいれば、重度障害で車椅子での生活を余儀なくされる老人もおられます。

加齢による体力低下の場合は、上記におすすめした車種の使用で問題はありません。

ただ、重度障害で立てない・歩けない方はウェルキャブと呼ばれる福祉車両を選ぶのも1つの選択肢です。

パーキンソン病とは?

重度障害の代表例として、有名な病気がパーキンソン病。

パーキンソン病の方は歩く速度が遅くなったり歩幅が狭くなり、自分でバランスを取ることができないことがあります。

手足が震えることがあったり、関節が固まってしまうことも。

管理人
低床でもグリップがあっても自分では支えられない!

そう言った場合でも、ウェルキャブならシートが迎えにきてくれて自分で動く必要がないので、シート前まで支えてあげるだけで乗り降りを車に任せることができます。

ウェルキャブの特徴やメリット

福祉車両のイメージをつかみやすくするために、ポルテのウェルキャブ仕様の紹介動画をご覧ください。

ウェルキャブは普通のグレードを買うよりも値段が高いですが、購入時は税制面で優遇されるので普通の車よりもお得に買うことができます

現時点でウェルキャブが優遇される代表的な項目をまとめました。

車両購入時だけでも優遇される点は多いですが、車の維持に関しても優遇されるところがウェルキャブのメリットです。

ウェルキャブのメリット

  • 消費税が非課税になる
  • 自動車取得税が減免される
  • 自動車税が減免される
  • 自動車購入資金の貸付制度がある
管理人
駐車禁止エリアに停車できたり、駐車場や高速の割引も受けられます。

詳しくはトヨタのサイトをご覧ください。

ウェルキャブの税金・助成制度一覧

ウェルキャブの中古車を探すには?

ウェルキャブは新車で買うなら、ディーラーで買うことができます。

ただ、値段を考えるとかなり高いです。

そのため、ウェルキャブは中古車の方が人気が高く、流通在庫も少なくありません

ガリバーの担当者と電話のやり取り中心で中古車探しを依頼できる ズバット車販売 が便利です。

お店に行く必要がないので、長話や営業につかまる心配もありません。

予算を書いて、備考欄に使い道とウェルキャブ希望と書けば、その条件で中古車を探してもらえます。

高齢者が乗り降りしやすい車の選び方【まとめ】

お年寄りは僕たちが考えている以上に、車の乗り降りでストレスを感じる方が多いです。

知らず知らずのうちにお年寄りに辛い想いをさせてしまっているのかもしれません。

車の乗り換え検討中で、おじいちゃんおばあちゃんを一緒に乗せてあげる機会があるなら、高齢者に優しい車を選ぶのも僕たちができる1つの優しさです。

【1分で診断】あなたにぴったりの車買取サイトは?

車買取サイトの選び方をチャート形式で探せるようにしました。

質問に答えるだけで、あなたに合った車買取サイトがわかります。

管理人
気合い入れて作ってみたので、試してみてください。
Q1
車を売る時、査定はする派ですか?

査定するだけでも使える車買取サイト

車を最大限高く売るなら、値段を比べてから交渉するのが近道です。

最近の車買取サイトは、査定だけで使ってキャンセルするのが当たり前になってきています。

査定価格だけを知るために使っている人の方が多いほど。

普段から僕がよく使っているおすすめの車買取サイトをランキング形式でご紹介します。

全て車を売らずに査定だけでも使えるサイトに厳選しました。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の特徴

  • 利用者の人気があり一番申込数の多いサイト
  • 査定申し込み時に概算の相場がわかる
  • 入力するところが少なくすぐできる

ナビクル車査定は、一番メジャーな車買取サイトです。

利用者数も多く知名度が高いので、初めて使う人にも安心。

提携している業者が少ないため、依頼しすぎて電話に悩む必要がありません。

管理人
ガリバーや有名どころから、評判のいいカーセブンにも依頼可能。

2分くらいあれば査定の依頼はできますが、電話がかかってくるので時間に余裕のある時に申し込んでください。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較の特徴

  • 顧客満足度No.1のオートバックスカーズに依頼可能
  • 入力画面が一番使いやすい
  • 全体的に評判のいい業者が多い

ズバット車買取比較は、唯一オートバックスカーと提携しているサイトです。

オートバックスカーズは、2019年のオリコンが実施した顧客満足度ランキングで総合1位に輝いた業者。

管理人
概算相場の表示機能や入力画面の自動切り替えなど、使いやすさはNo.1。

他にも評判のいいアップルやカーセブンにも査定の依頼が可能です。

カーセンサー

カーセンサーの特徴

  • 大手じゃない業者が見つかりやすい
  • リクルート運営の安心感
  • 連絡する時間帯など細かな要望を伝えられる

カーセンサーは、提携している業者の数が一番多いサイトです。

大手業者はもちろん、聞き慣れない小さな業者も見つけられます。

管理人
都心部だけでなく、僕のような田舎に住んでいる方でも安心。

中小系の業者は対応が良く、値段交渉にも積極的なため、高く売れやすいのも魅力です。

-おすすめ車種
-

Copyright© 中古車査定まるわかり -車買取のコツや高く売る方法を解説 , 2020 All Rights Reserved.